明治の毒婦と呼ばれた「高橋お伝」

殺人事件

明治9年(1876)8月、東京浅草前片町の旅籠「丸竹」で男が血まみれになって死んでいるのが発見された。 同月29日、高橋お伝を強盗殺人容疑で逮捕すると、お伝はあっさりと犯行を認めた。   仮名垣魯文によって書き・・・

宇都宮監禁殺人事件

殺人事件 監禁・誘拐

    事件概要 後藤良次は、群馬県前橋市にある広域指定暴力団・稲川会の大前田一家という組織の幹部で、自分でも後良組の組長だった。 平成6年に逮捕され、平成10年に仮釈放で出所した後は、しのぎを維持す・・・

ページの先頭へ