Pocket

阿部定事件

阿部定

昭和11年(1936)5月18日、荒川区の待合茶屋「満佐喜」で絞殺されている男性が発見され、猟奇的殺人事件として世間の注目を集めた。

殺されたのは、中野区の料理屋「吉田屋」の主、石田吉蔵(42)だった。

殺された吉蔵の首には腰ひもが巻かれ、陰茎と睾丸が切り取られていた。シーツには、「定吉二人きり」と血文字で書かれてあった。

自分のものにするために殺害

吉蔵は、事件3日前から吉田屋の女中として働く阿部定(32)と一緒に泊まっていた。昭和11年2月から働き始めた定と吉蔵は深い関係になり、昼夜関係なくセックスした。

時には、性的な興奮のために首を絞めさせることもあった。過去には、首を絞め過ぎて吉蔵の具合が悪くなったこともあった。

定は、供述で吉蔵を妻の元に返すのが嫌で、永遠に自分のものにするためには殺すしかないと話している。局部を切り取ったのは、吉蔵の妻に触らせないためであり、局部と一緒だと吉蔵と一緒にいるような気がして淋しくないとの理由からと話す。

切り取った後、定は着物の下に吉蔵のシャツやズボン下を着け、吉蔵のイチモツをふんどしで包んで腹に巻いて待合茶屋をあとにした。

2日後、品川駅の近くにある旅館で逮捕された。

生い立ち

阿部定は、明治38年(1905)に東京神田で畳屋の家庭に生まれた。

15歳で大学生に処女を奪われてからは男と遊び歩くようになる。

18歳で芸者になり、その後は各地を転々として愛人やホステスをして生活した。

その後の社会に与えた影響

猟奇的な事件は日本中の関心を集め、号外が出され、阿部定へのファンレターは1万通にのぼったという。

逮捕された定は、殺人罪と死体損壊罪で起訴されたが、弁護側は傷害致死又は自殺幇助と主張した。東京地裁で懲役6年の刑を言い渡され、恩赦によって定は5年で出所した。

出所した定は、知名度を利用して各地を巡業したり、料理屋の女中をしたりしたが、昭和46年(1971)にホテルで働いたのを最後に突如消息を絶ち、その後の消息は分かっていない。

 

津山事件を起こした都井睦夫も阿部定事件を知って非常に興味を示し、新聞の切り抜きを集めていたという。