Pocket

津山事件は、1938年に現在の岡山県津山市加茂町行重の貝尾、坂元で起きた大量殺人事件です。

一人が一夜のうちに起こした大量殺人として「日本犯罪史上」最も有名な事件の一つです。

 

元々は、えた・非人に関して美作騒擾を調べていてたどり着いた事件なんですが、その日から津山事件のことばかり調べてました。

美作騒擾

津山事件からさかのぼること65年前、1873年に明治政府が施行した徴兵令に反対して日本各地で一揆が起きます。

その中でも特に大きかった一揆の一つが津山の北条県で起きた血税一揆です。

一揆に参加する者3万人ともいわれる大規模な一揆で、参加した者は、「徴兵令反対、学校入費反対、穢多非人の称廃止反対」を叫び、各地で焼き打ち、打ち毀しを行いました。

特に抵抗をした津川原村では、被差別部落民の18人が惨殺されました。

美作騒擾は、鎮圧までに六日係り、襲撃したうちの15人が死刑、処罰者27,000人、懲役刑64人という結果に終わりました。

津山事件

津山事件は、22歳の都井睦夫が1938年に現在の岡山県津山市加茂町行重の貝尾、坂元で起きた大量殺人事件。

都井睦夫

1938年5月21日午前1時40分、都井睦夫は、かねてより自分を邪魔扱いにする貝尾、坂元集落の住人を殺害するため、黒詰襟、ゲートル、猛獣用の口径十二番九連発の猟銃を手に、日本刀を腰に差し、短刀をポケットに入れて決行に移した。

まず、集落の電線を電柱に登って断ち切り、集落の電気を使えないようにし、ナショナルランプを腹にして、頭に懐中電灯をつけて、同居していた自分の祖母(75歳)の首を斧で刎ねて即死させ、身体に銃弾を撃ち込む。

次に、隣に住む住人の丹羽イト(47)方に侵入し、寝ていたイトに重傷を負わせる(その後死亡)。その後、横に寝ていたイトの娘つる代(21)を日本刀と猟銃で殺害する。

続いて寺井政一の一家5人(四女ゆり子以外)を殺害し、その足で寺井好二方へ行き、好二とその母トヨを殺害する。

その後も附近の民家を襲い、29名を惨殺し、血まみれとなって附近の山林へ逃走したが、急報によって県刑事課から国富課長、津山署署長以下全員、附近消防組、青年団約1,500名の協力を得て山狩りをしたが、5月21日午前10時半頃、同村青山の荒坂峠付近の山中で、猟銃によって自殺している犯人を発見した。

動機

何故、都井睦夫が犯行に及んだかについては、様々な説がある。

犯人の変質的性格

都井睦夫20歳の時に阿部定事件(女が男の下腹部を切り取って持ち去る事件)にすごい興味を持って新聞を切り抜いたりして集めていた。

2.26事件には興味を示さないが、女と見れば交渉を迫る性欲の塊だった。

むやみやたらに婦女子に手を出そうとするが、全滅だった。エゴが強く、村人からの軽蔑と嘲笑が耐えられなかった。

飼っていた動物を殺して他人に食べさせた。

疾病からくる厭世観

都井睦夫が肺結核にかかっていたが、父も母も肺結核で死亡していた。

睦夫本人も肺結核にかかってから明らかに行動が変わった。

離反した女に対する復讐心

肺結核になる前に仲が良かった女も次第に離れていった。

家庭の事情

都井睦夫は、2歳の時に父、3歳の時に母を亡くしていた。そのため、両親からの愛情に恵まれず、親族にも適当な指導者、保護者がいなかった。

家計の行き詰まり

都井家は、比較的裕福だったといわれるが、睦夫は仕事をしておらず、病気療養のため、女の歓心を買うために使い、経済的に行き詰っていた。

精神病患者だった

本人の遺書には、「自分は精神病ではない」ということが書かれていた。

 

遺書

愈愈死するにあたり一筆書置申します、決行するにはしたが、うつべきをうたずうたいでもよいものをうった、時のはずみで、ああ祖母にはすみませぬ、まことにすまぬ、二歳のときからの育ての祖母、祖母は殺してはいけないのだけれど、後に残る不びんを考えてついああした事をおこなった、楽に死ねる様と思ったらあまりみじめなことをした、まことにすみません、涙、涙、ただすまぬ涙がでるばかり、姉さんにもすまぬ、はなはだすみません、ゆるしてください、つまらぬ弟でした、この様なことをしたから決してはかをして下されなくてもよろしい、野にくされれば本望である、病気四年間の社会の冷胆、圧迫にはまことに泣いた、親族が少く愛と言うものの僕の身にとって少いにも泣いた、社会もすこしみよりのないもの結核患者に同情すべきだ、実際弱いのにはこりた、今度は強い強い人に生まれてこよう、実際僕も不幸な人生だった、今度は幸福に生まれてこよう。

思う様にはゆかなかった、今日決行を思いついたのは、僕と以前関係があった寺元ゆり子が貝尾に来たから、又西山良子も来たからである、しかし寺元ゆり子は逃がした、又寺元倉一と言う奴、実際あれを生かしたのは情けない、ああ言うものは此の世からほうむるべきだ、あいつは金があるからと言って未亡人でたつものばかりねらって貝尾でも彼とかんけいせぬと言うものはほとんどいない、岸本順一もえい密猟ばかり、土地でも人気が悪い、彼等の如きも此の世からほうむるべきだ。 もはや夜明けも近づいた、死にましょう。

死亡者

池沢勝市、池沢ツル、池沢宮、池沢昭男、平岩トラ、丹羽つる代、岸田みさ、寺井好二、寺井トヨ、西川秀司、西川良子、岡千鶴子、西川とめ、寺井政一、寺井貞一、寺井とき、三木節子、寺井はな、寺井孝四郎、寺上猛雄、岸田高司、西川知恵、岡本和夫、岡本みよ、都井いね、岸田つきよ、岸田吉男、岸田守、丹羽イト、寺井由起子、寺井はま、岸田たま

 

都井睦夫

 

参考文献

「津山三十人殺し」 筑波明

「都市伝説と犯罪―津山三十人殺しから秋葉原通り魔事件まで」朝倉喬司

「津山三十人殺し 七十六年目の真実 空前絶後の惨劇と抹殺された記録」石川清