Pocket

市川一家四人惨殺事件

関光彦(せきてるひこ)

 

1992年に千葉県の市川市で一家四人が19歳の少年によって惨殺された事件。

逮捕された少年は、死刑になるとは思っておらず、少年院行き程度で済むと思っていたという。

事件概要

1992年2月12日、千葉県市川市の住宅地を自転車で走る少女を見つけた関光彦(せきてるひこ)は、少女に追突して接触し、病院から帰る途中、ナイフで脅して少女を犯した。その後、少女から現金を奪い、生徒手帳から住所と名前を控えた。

 

当時の関は、フィリピンパブのホステスに手を出してヤクザから追い込みをかけられており、200万円を用意するよう約束させられていた。

 

3月5日、関は、レイプした少女の自宅へ行き、金を奪う計画を立てる。

少女のマンションについた関は、防犯カメラを避けて外階段で2階に行き、少女が住む8階までエレベーターを使った。少女の自宅前に着き、チャイムを鳴らしたが反応はなかった。ノブを回してみると、ドアが開いた。迷ったがドアを開けて部屋に入った。

 

家に入って居間で金銭を物色していると、少女の祖母が北側の部屋でテレビをつけて寝ていた。部屋に入って老女に通帳のありかを聞くが、老女は答えなかった。関が老女を殴ろうとすると、老女は関に唾を吐きかけた。激怒した関は、近くのコードを引き寄せ老女の首に巻き付けて絞殺した。

 

その後、部屋を物色していると、少女と母親が一緒に帰宅した。

関は、背後から近寄って包丁を突き付ける。しかし、母親はひるまず抵抗してきたため、2人を俯せにさせ、母親の方を何度も包丁で刺し殺した。

 

しばらくすると、4歳になる少女の妹が保育園の保母に連れられて帰った。

関は、少女と少女の妹の3人で食事をした後、少女の妹にテレビを観せに祖母の部屋にやった。

 

少女と2人になった関は、再び少女を犯した。

しかし、強姦の最中に父親が帰宅したため、慌てて包丁をつかんで隠れた。関は、父親の背後から忍び寄り、父親の左肩を包丁で突き刺した。崩れ落ちた父親に包丁を突き付けながら、200万円を出すように要求すると、父親は通帳の場所を伝えた。少女の母親が経営する事務所にも通帳があると聞いた関は、少女に電話させ、事務所に残っていた社員に今から通帳を取りに行くと伝えさせた。

その後、関は父親にとどめを刺し、少女を連れて事務所へと向かう。

 

事務所では人が残っていたため、少女に通帳を持ってくるように指示した。

少女は、事務所に行き、両親名義の通帳と印鑑を受け取り、残っていた社員に「ヤクザに脅されている」と伝えた。

その後、関は少女を連れてラブホテルに行き、通帳と印鑑をチェックし、少女を犯した。

 

少女の自宅に再び戻ると、少女の4歳の妹が目を覚まして泣き始めたため、関は包丁で突き刺し、首を絞めてとどめを刺した。

 

少女の様子を不審に思った社員が警察に届け出たことで、警察が駆けつけ関は逮捕された。

死刑にはならない

逮捕された関は、4人を殺害しても自分が死刑になるとは思っていなかったという。それどころか「どうせ捕まるなら学生のころに好きだった子を狙っておけばよかった」という。

一審の死刑判決を耳にするまで、勉強をしつつ、資格でも取ろうかなどと考えていたといい、勉学に励んでいた。

判決

裁判所は、一審も二審も死刑の判決。

2001年12月3日、最高裁でも上告が棄却され、死刑が確定。

 

出典

19歳の結末  一家4人惨殺事件  祝康成

19歳 一家四人惨殺犯の告白  永瀬隼介