Pocket

池田小児童殺傷事件は、2001年6月8日に大阪府池田市の小学校「大阪教育大学付属池田小学校」で起きた無差別殺傷事件。

 

大阪地裁をして「我が国の犯罪史上、例を見ない空前絶後の凶悪事件である。」と言わしめた。

犯人の宅間守(当時37)は、池田小児童殺傷事件で児童8人を殺害、児童13名と教師2名に重軽傷を負わせた。

事件後、間もなく宅間守は逮捕された。宅間には過去にも強姦などの犯罪歴があった。

第一審で死刑判決。その後、控訴したが本人の取り下げによって死刑が確定した。

 

宅間守

池田小児童殺傷事件概要

池田市に住む無職の宅間守(37)は、大阪府池田市にある国立小学校・大阪教育大学教育学部付属池田小学校に、自動車で向かい、自動車通用門から学校内に侵入した。

小学校に車を停めると、準備してきた出刃包丁をもって車を降り、そのまま学校内に侵入した。

 

「学校なら逃げ足の遅い子供が大勢いると思った。」「小学生ならたくさん殺せると思った。」といった理由で、宅間は小学校1年生と2年生に的を絞ることにしたという。

 

1年生と2年生のクラスを見つけると、出刃包丁を握りしめて教室内に侵入。

逃げ惑う児童へためらうことなく、刃物を突き刺しては切りつけた。

 

15分後、副校長や教師がかけつけたことにより、宅間は取り押さえられたが、その間に児童8人が殺害され、他にも13人の児童と教師2人が重軽傷を負った。

取り押さえられた宅間は、全身に返り血を浴びながら、凶器の包丁を放って平然と「あーしんど」とつぶやいたという。

宅間守の生い立ち

宅間守は、1963年11月23日に兵庫県伊丹市で生まれた。

宅間の両親は、弟の守よりも勉強ができる兄の方を可愛がった。

人づきあいが苦手で直ぐに暴力をふるう短気の宅間は、学校になじめず、同級生の友人はいなかった。

大人になっても性格は変わらなかったため、仕事は長続きせず、職場でもトラブルの連続だった。

事件の1年前も、無断欠勤が理由で解雇されている。

 

解雇後、職を探す日々は続き・・・・・・やがて思い通りにいかない現実に憤りを覚え、「たくさん殺せば死刑になるし、道連れは多い方がいいと考えた。」

そして、「勉強ができる子でも、いつ殺されるか分からないという不条理を分からせたかった。」という理不尽な理由で犯行を起こした。

 

 

女性関係でも4度の離婚経験があり、離婚の原因は必ず宅間の家庭内暴力だった。

 

事件前にも数々の事件を起こしており、強姦、暴行、恐喝、ストーカー、器物損壊、未成年との淫行など前科は11犯にも及んでいる。

特に強姦でたびたび逮捕されており、元妻に対してもストーカー行為を繰り返していた。

 

精神病院の入退院を繰り返し自殺未遂をした過去もあった。

死刑確定後に獄中で5度目の結婚をしている。

詐病の疑い

宅間は、精神病患者であることを利用して、強姦事件、傷害事件をたびたび起こしている。

捕まっては精神病院で受診、通院、入院を繰り返していた。

 

「精神分裂病」と診断されて不起訴処分で自由になったことで、自分は捕まらないと思い込んでいた節もあった。

傷害事件や暴行事件では、度々障害者手帳を利用して「起訴猶予」を要求した。

自分が精神病だったことから、周囲にも「たとえ人を殺しても罪には問われない」とうそぶいていたという。

 

しかし、精神病で無罪になることはできても、生きていくうえで金は必要だ。

宅間は、金を稼ぐのは苦手だったようだ。

判決

宅間は、公判の場で何か言いたいことはないかと聞かれ、児童を殺傷したのは「世の中の理不尽を分からせる」ため、「後悔があるとしたらもっと沢山の子供を殺さなかったこと」、「幼稚園にガソリンでも撒いて50人くらい殺しとくんだった」と発言した。

 

2003年8月28日、大阪地裁は、宅間に死刑判決を下した。

弁護側は控訴したが、同年9月、宅間本人の控訴取り下げによって死刑が確定した。

 

死刑確定後、宅間は弁護士にあてた手紙で、死刑を早く執行するよう求めている。

 

2004年9月14日、宅間守の死刑が執行された。

宅間の願いがかなえられたかのように、死刑確定からわずか1年という極めて異例の早さだった。

享年40歳。

 

最後

死刑執行前、タバコとジュースをゆっくりと味わい、5度目の再婚相手である奥さんに向けて「ありがとうと伝えてください」と言っていたという。

しかし、遺族への謝罪の言葉は一度もなかった。

 

 

犯罪者家族から見た事件、映画「葛城事件」