Pocket

映画「葛城事件」のモデルはあの事件

「葛城事件」を勧められたので観てみました。

動画を観る前にネットで検索してみると評価、モデルとなった事件を知りましたが、期待ができそうです。

映画概要

『その夜の侍』赤堀雅秋監督の待望の第二作目。人間の愚かさを描き、観る者の心を鋭く抉る濃密な人間ドラマ。
抑圧的で思いが強い父親。長男はリストラされ孤立。妻は精神を病む。
次男は無差別殺傷事件を起こし、死刑囚に。
そして、死刑反対の立場から次男と獄中結婚した女ー。
壮絶な、ある家族の物語。

2012年『その夜の侍』で監督デビューを果たし、国内外で高い評価を得た赤堀雅秋。
本作は2013年に赤堀の作・演出で上演された同名舞台の映画化。
今回の映画化にあたり、自身が新たに改稿した。
主演の葛城清役には三浦友和。
理想の家族を求めながらも、崩壊へと向かわせてしまった父親を鬼気迫る迫力で演じている。
そして、その家族に南果歩、新井浩文、若葉竜也、さらに獄中結婚する女に田中麗奈と実力派俳優が集結し、
問題をそれぞれに抱え極限に立たされていく家族を演じている。
凄惨な殺傷事件の背後にある加害者家族の隠された闇。
人間の心の暗部を徹底したリアリティをもって丁寧に描き出し、
観る者の心を鋭く抉る濃密な人間ドラマが完成した。

ストーリー

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。
思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。
長男・保は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、
対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。
堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。
清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子は、ある日、清への不満が爆発してしまい、
稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向っていく

 

モデルは「附属池田小事件」

本編を観る前に事前にネットで調べていたのでモデルとなったと囁かれている事件を知ってましたが、予備知識なしでも問題ありません。

三浦友和さんが犯人の父親役で主演ですが、キャラが濃いのでただ単に凶悪事件をモデルにした映画とは違う魅力があります。

この事件については、事件に関する本を過去に読んでいたので知ってましたが、「付属池田小事件」をモデルとしたのが分かるのは兄の死だと思います。

 

犯人の家族は、時代遅れの頑固おやじ、火事が苦手な母親、リストラされた兄、ニートの犯人、といった4人で、今の日本を象徴する存在ではないかと思います。

家族がいる人にとっては他人ごとではない問題だと感じました。

 

犯人の家族が自殺する場面がありますが、身内が犯罪を犯したら親族にも罪が及ぶのか。

秋葉原無差別殺傷事件でもそうですが、日本では事件を起こすと身内まで非難され、正義感ぶった人間が湧いてきます。

欧米では容疑者家族の支援団体とかの整備が発達しているようですが、日本ではまだまだ未熟です。

欧米と比べると日本だけ近代化が遅れてる感じです。

 

容疑者家族からの視点は珍しく、考えさせられました。

ただ、獄中結婚した女性だけは、チョット理解できませんでした。