Pocket

鏡子ちゃん殺害事件

鏡子ちゃん殺害事件は、1954年4月19日に東京都文京区の小学校のトイレで小学2年生の女の子がヒロポン中毒者に殺害された事件。

5月5日に別件で逮捕された坂巻脩吉(20)が自供したことで発覚し逮捕された。

事件概要

1954年4月19日午前10時頃、東京都文京区にある元町小学校の2年生の女子児童が遊んでる途中でトイレに用を足しに行ったときに事件は起こる。

その日の坂巻は、夕べからお腹の具合が悪く、たまたま近くにあった小学校(元町小学校)のトイレを利用して用を足していたが、その後、別のトイレを見ると、少しドアを開けて入っている女子児童を発見した。女子児童は、ドアを閉めるのを怖がってドアを少し開けたまま用を足していた。

女子児童が戻らないことから行方不明として捜索することになったが、その際に女子児童の母親も居合わせたため一緒に捜索することになった。

2時間後、女子児童が口にパンツを入れられて無残に殺されているのを女子児童の母親が発見することになる。

 

逮捕の決め手となったのは、トイレにつながる下水道管の中にイニシャルが入った坂巻のハンカチが見つかったことからだった。坂巻は用を足した際にハンカチで拭いて流したため、証拠として残った。

生い立ち

坂巻の父親は厳格な人だったが、母親は浮気をしたり、ギャンブルで家の金を使い込むというだらしない人間だった。母親は男の出入りも激しく、両親は常に喧嘩していた。その影響で坂巻も中学生の頃から暴力沙汰を起こして中学校を追われ、家を飛び出して日雇仕事をするようになる。数年後、肺結核を病んだ坂巻はヒロポンを覚えてヒロポン中毒になる。

静岡の結核療養所を抜け出した坂巻は、父親のもとに顔を出し借金を頼むが断られ途方に暮れていたときにたまたま通ったのが事件のあった小学校であった。

判決

犯行時20歳でヒロポン中毒、無計画という点を考慮するとせいぜい無期懲役といわれていたが、1955年4月15日に東京地裁においてくだされた坂巻の第一審は、死刑であった。

翌年、1956年10月25日、最高裁は上告を棄却したため、坂巻の死刑判決が確定した。裁判開始から1年半という異例のスピード判決だった。

1957年6月22日、宮城刑務所において坂巻脩吉の死刑が執行された。執行直前に供物のまんじゅうを勧められると2つもきれいに平らげたといわれている。

享年22。