Pocket

バー・メッカ殺人事件

バー・メッカ殺人事件は、1953年の7月27日午後9時頃、東京新橋にあるバー・メッカで証券会社に勤める39歳の男性が殺害された事件。

現場の状況と目撃者の証言から容疑者として、正田昭(24)、近藤清(19)、相川貞次郎の3人の若者が浮上した。

当時の日本は終戦後で、終戦後に青春時代を迎えた若者は無軌道で退廃的な風潮があり、そうした若者をアプレゲール(戦後派)と呼んだ。バー・メッカ殺人事件は、アプレゲールの典型的犯罪といわれた。

経過

1953年7月27日午後9時頃、新橋のバー・メッカで証券会社に勤める39歳の男性が死亡しているのを発見。

現場の状況と目撃者の証言から容疑者として3名の若者が浮上する。

主犯とされる慶応大学卒の正田昭(24)、バー・メッカでボーイとして勤めていた近藤清(19)、正田の遊び仲間の相川貞次郎の3名である。

近藤清と相川貞次郎は、直ぐに逮捕されたが、主犯の正田昭は被害者から30万円を奪い逃走するが、偽名を使って潜伏していた京都のアパートで逮捕される。

サハラの水

当初、正田は無実を主張していたが、獄中でソーヴール・カンドウ神父と出会いキリスト教に改宗する。

キリスト教に改宗した後は、自分の犯した罪と向き合うようになり、「サハラの水」という小説を執筆する。

「サハラの水」は、雑誌「群像」の新人賞の最終選考にまで残ったほど高い評価を受けた。

裁判

1963年1月に最高裁で上告が棄却され死刑が確定。

1969年12月19日死刑執行。