Pocket

宇都宮監禁殺人事件

事件概要

後藤良次は、群馬県前橋市にある広域指定暴力団・稲川会の大前田一家という組織の幹部で、自分でも後良組の組長だった。

平成6年に逮捕され、平成10年に仮釈放で出所した後は、しのぎを維持するのが厳しくなり、知り合いの紹介で水戸市に行く。

そこで、不動産ブローカーと知り合い(上申殺人事件で首謀者とされる人物)になり、次第に高級車を乗り回すようになる。

羽振りがよくなった後藤であったが、元来、短気で冷酷だったため、刑務所や暴力団関係の知人とトラブルを起こしてしまう。

2000年7月、元暴力団組長の後藤良次は、刑務所時代の仲間Xに対して、嘘をついたという理由で激怒、暴力団の元組員小野寺宣之と謀ってXを車に監禁し、Xの両手両足を縛ったまま水戸の高速道路の橋の上から那珂川に落として殺害した。

数日後、刺青の入った遺体が大洗沖に浮かび、被害者の携帯電話を調べた結果、後藤の名前が浮かび上がる。

 

2000年8月、宇都宮に住む知人男性Aが不義理を働いたことから、組員の小野寺他5人と押しかけ、Aと友人ら4人を監禁して暴行し、4人に覚せい剤を注射して飲食店店員の女性を急性薬物中毒で死亡させた。その後、部屋に灯油をまいて火をつけて逃走した。4人のうちの1人は、後藤の使い走りで、新聞やテレビでも大きく取り上げられた。

後藤良次死刑囚

過去の犯罪

昭和47年 14歳 窃盗、暴力行為で、宇都宮東警察署に逮捕される。初等少年院送致。千葉県内の少年院に1年ほど入院。

昭和51年 17歳 山形県内で、窃盗、器物損壊で山形県警に逮捕される。中等少年院送致。

昭和52年 19歳 器物損壊で宇都宮中央警察署に逮捕。特別少年院送致。小田原少年院と久里浜特別少年院に入院。

昭和53年 20歳 神奈川県裏が警察署に、公務執行妨害、傷害で逮捕。久里浜特別少年院で職員とトラブルを起こし、乱暴を働く。懲役1年4か月、水戸少年刑務所に服役。

昭和54年 20歳 茨城県警麻生警察署に、器物損壊、住居侵入で逮捕。懲役1年2か月、水戸少年刑務所に服役。

昭和56年 22歳 宇都宮東警察署に、窃盗、器物損壊、住居侵入で逮捕。懲役10か月、水戸少年刑務所に服役。

昭和57年 23歳 宇都宮東警察署に、恐喝で逮捕。執行猶予。

平成3年 32歳 宇都宮市の住吉会信和会栃木一家諏訪組組長を射殺。1年後に出頭し、群馬県警に逮捕。決定的な証拠がなく不起訴処分。

平成6年 36歳 群馬県前橋警察署に、暴力行為、覚せい剤取締法、銃刀法、火取法違反で逮捕。懲役4年、福島刑務所に服役。

判決

2003年2月、宇都宮地裁は、「暴力団特有の論理に基づく理不尽なもので、動機に酌量の余地はない。犯行を発案、実行した首謀者で、役割は決定的に大きい」死刑判決。

2005年10月に東京高裁でも、「非情のかぎりをつくした悪辣な犯行で、被告の冷酷さは常人の理解をはるかに超えている。監禁された4人のうち1人が縄を解いて自力で脱出し、消化していなければ残る3人も焼死していたと推測される。極刑はやむを得ない」として控訴を棄却した。

そして、後藤が上告中に上申書を提出。

2007年が死刑確定した。

 

出典 凶悪 ある死刑囚の告発  「新潮45」編集部編

 

上申書殺人事件

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凶悪 [ 山田孝之 ]
価格:1328円(税込、送料無料) (2017/3/22時点)