Pocket

上申書殺人事件

上申書殺人事件は、死刑判決を受けて上訴していた死刑囚の告発をきっかけに、週刊新潮の記者を通して明るみになった事件。

元暴力団組長・後藤良次は、殺人と強盗致死の2件の事件(宇都宮監禁殺人事件)で死刑判決を受けて上告中だった。

後藤の手紙には、死刑判決を受けた2件の事件以外にも3件の殺人事件に関わっていて、この3件については摘発されておらず、警察すら把握していない完全犯罪だと書いてあった。手紙によれば、3件の事件には別に首謀者がおり、その首謀者は今も警察に追われることなく、一般社会で普通に暮らしているという。

この真偽を確かめるべく、記者は殺人を犯した元暴力団組長の後藤良次と会うことにした。

当時の後藤は、死刑判決を受け上訴中だったが、このタイミングで事件が明るみに出ると後藤にとって都合が悪いのに何故告発するのか。後藤が言うには、何故自分だけが死刑になって首謀者が一般社会の中で今も平和に暮らしているのが許せないからだという。可愛がっていた舎弟が自殺に追い込まれたことがきっかけで覚悟を決めたという。

何故、首謀者は後藤の口封じに動かないのかについて問うと、後藤は自分が上告したからだと言う。上告したということは後藤がまだ生に執着しているということだから、上告中は3つの殺人事件について告発することはないと首謀者も思うだろう。後藤は自分の命に代えても首謀者を許すわけにはいかないと言うのだ。


後藤良次

首謀者の「先生」

後藤は逮捕前、3件の殺人事件の首謀者・三上静男を「先生」と言って慕っていた。

先生と呼ばれる男は、茨城県で無免許で不動産取引をしている不動産ブローカーだった。事件の10年ほど前の後藤は、暴力行為によって4年の懲役刑を受け、出所したばかりだった。一からやり直すために不動産ブローカーを紹介されたことが先生と呼ばれる人物との出会いだった。

記者が先生を調べると、先生に対する評判は後藤の証言とは全く異なるものだった。先生は、資産家が相続で困ったときに相談にのってあげたり、リストラサラリーマンに対しては格安のアパートを紹介して面倒を見てあげる等、すこぶる面倒見がよく評判が良かった。

後藤による話と世間の評価は食い違い半信半疑だったが、3つの事件について聞き出し、事件を調査していくにつれて後藤の言っていることが真実であると確信することになる。

先生

告発された3つの事件

金銭トラブル

後藤の告発によると、先生は当時、60歳位の男性と金銭トラブルでもめており、カッとなった先生はネクタイで男性を絞殺してしまった。その後、先生は後藤に連絡し、多額の報酬をちらつかせて死体の処理を依頼した。後藤は、男性の遺体を車に乗せて茨城にある焼却場で処理したという。

不動産殺人

埼玉県で広大な土地を所有する身寄りがない老人に目をつけた先生は、後藤らと一緒に老人を山中に連れ出して生き埋めにして殺害。その後、老人のダミーを使って不動産の所有権を自分に移転し転売。この取引で7,000万円の利益を先生は得たという。

保険金殺人

ある一家の父親はインテリアショップを営んでいた(カーテン屋と呼ばれている)が、不況によって経営は悪化。そのことで相談を受けた先生は、計画的保険殺人を実行し、自殺に見せかけて経営者を殺害。遺体は山中に遺棄した。遺体を発見した警察は自殺として処理したという。そして、遺族は1億円近く(最初8,000万だった)の莫大な保険金を受け取る。この保険金額は、後藤の証言と一致した。

検証・取材

新潮社の記者は、後藤の話を聞いて取材するが、金銭トラブルによる殺人については遺体が焼却処理されているため無理だったため、不動産殺人で生き埋めにした老人について取材することにした。後藤によるとインターを降りると途中にハンバーガーショップ、牛丼屋、電気ショップがあったことを思い出した。それらの情報を元に犯行現場を探したがなかなか見つからなかったが、しばらくしてガラスの仕切り越しに周辺地図を見た後藤が場所を思い出し、地図の一点を指し示した。記者が後藤が指した土地の登記事項証明書を閲覧すると、殺した老人から先生へと所有権が移転し、しばらくして転売されていることが分かった。しかし、土地は1万8千㎡(首都圏の住宅だと100㎡以下が一般的)という膨大な広さで、埋められた遺体はどこにあるかまでは特定できなかった。取材をすると後藤が逮捕された後にユンボで土地を掘り起こしているという目撃者があり、遺体を掘り起こして別の場所に移した可能性があった。

 

事件を調べていくと、かつて相談を受けた資産家一家が行方不明になっており、リストラされたサラリーマンは不審な死を遂げていたということが明らかになった。

 

2つの事件が立証できないとなると記者は3つ目の保険金殺人に賭けるしかなくなった。

インテリアショップを営んでいた家族は、父親、母親、娘、娘の夫、娘夫婦の子の5人家族だった。父親が経営するインテリアショップは、経営の悪化によって借金が6,000万円あり、連日のように借金取りが取り立てに来ていた。父は生命保険に加入していたが、保険料の支払いすら困難な状況だった。そこで、娘の夫は知り合いの不動産会社に相談すると、先生を紹介してもらった。その後、借金の相談のために父親が先生の所に尋ねると、先生の他に後藤や後藤が組長をしている組員が加わって連日宴が始まった。父親は毎日お酒を無理やり飲まされ、結局、高濃度アルコールによる呼吸不全で死亡した。その後、父親の遺体を風呂場に運び、冷水につけて死亡時刻を遅らせた。遺体を山中に運びポケットに小銭を入れて自殺に見せかけて遺棄した。そして、遺族に1億円近くの保険金が支払われた。

この殺害計画は家族も同意のうえで、家族が父親をいけにえにしたものだった。

半年間にわたって調べ上げた記事をレポートにして発表することが決まり、警察に提出すると警察幹部も直ぐに上にあげ、早急に捜査に乗り出してくれることになった。

結局、保険金殺人以外は立件できない状況だったが、保険金殺人だけは別だと思われた。しかし、重要参考人のインテリアショップ家族に先生をした不動産会社の社長が死亡してしまった。

逮捕後、先生は容疑を否認したが、インテリアショップ家族は容疑を認めた。家族が証言した内容は、後藤の証言と悉く一致した。

判決

先生と呼ばれた「三上静男」に無期懲役。

後藤良次には懲役20年。

インテリアショップ経営の家族 母親懲役13年、娘懲役13年、娘の夫懲役15年。

 

 

出典 「凶悪 ある死刑囚の告発」 「新潮45」編集部

インターネット、ニュース、アンビリーバボー事件の真実2時間SP