Pocket

雅樹ちゃん誘拐殺人事件

雅樹ちゃん誘拐殺人事件とは、1960年5月に東京のカバン会社の経営者の子供・慶應義塾幼稚舎に通う2年雅樹ちゃんが誘拐され、殺害された事件。誘拐後、犯人から身代金の要求がされるが、身代金の受け渡しに犯人は現れず、誘拐から3日目の朝に路上に放置された車から雅樹ちゃんの遺体が見つかった。

報道協定のきっかけとなった事件といわれている。

事件概要

昭和35年(1960)5月16日午前11時25分頃、東京のカバン会社社長宅に「子供を預かった、返してほしければ200万円を用意しろ、警察には届けるな」と犯人からの電話があった。

カバン会社社長の息子の雅樹ちゃん(7)を誘拐した犯人は、本山茂久(32)であった。

犯人からの要求があったことで、警察に通報し、犯人の要求通りに身代金を家政婦に持っていかせるが、犯人は現場に現れなかった。

再度、本山から電話があり、別の場所を指定してきたが、犯人はまたも現れなかった。

その後、三度目の電話で別の場所を指定してきたが、犯人は現れなかった。その後、犯人から電話で「警察が現場にいた」ことを知らせてくる。

 

現在は、人質の安全を確保するまでは事件を報道しないという「報道協定」があるが、当時はまだなく、事件を報道されて自分の犯行が筒抜けであることを知ってしまう。

誘拐してきた雅樹ちゃんに騒がれないように睡眠薬を飲ませたが、次第に呼吸が衰えてきたため、病院に連れていくことはできないと雅樹ちゃんの殺害を決意する。

本山は、雅樹ちゃんの遺体を遺棄するために車に積み込んだが、その際に警察が張り込んでいるのを発見し、捜査が身近に迫っていると感じた本山は、遺体が入った車を乗り捨てて大阪へ逃亡する。

同居人は殺人鬼

大阪府布施の町工場で日雇仕事をしながら住み込みで働いていたが、本山は休日にある雑誌を何度も読んだといわれている。その雑誌とは、犯罪者が罪を逃れるために犯行を否認するといった内容だった。

その後、一人の青年が本山が働く町工場に仕事を探して住み込みで働くことになった。青年は、本山を見てどこかで見たような気がすると思ったが、そのときはそれほど気に留めなかったという。

青年が飲みに行こうと交番の前を通った際、雅樹ちゃん誘拐事件の逃亡犯のポスターを見て、本山に非常に似ていると思い警察に話すが、警察は証拠を要求したため逮捕に至らなかった。

事前に警察から犯人には盲腸の後があることを聞いていたため、風呂場でそのことを確認し、本山の荷物に事件に関する手記を発見。

逃亡から62日後本山は逮捕された。

本山茂久

生い立ち

本山茂久は、新潟県の裕福な農家の長男として生まれ、成績は常にトップだった。東京の歯大生時代に学生結婚し、卒業後、勤務医を経て28歳で杉並区で独立した。

当時は珍しかった高級外車を乗り回し、仕事も家庭も順風満帆と思われたが、本山には愛人がいてその間に子供までいた。収入の大半を愛人に貢いでおり、運転資金も愛人のために使い生活は困窮していた。

発狂し糞を食べる

昭和36年3月の第一審で本山に死刑判決が下ると、本山は昼夜問わず幻覚や幻聴を訴え出しはじめ、自分の糞を食べるようになる。

日本では、死刑が確定していても死刑囚の精神が安定しなければ刑の執行は行われないため、死刑囚が精神異常者を装うことがある。

本山に対しても一度は審理が中断されるが、その後、落ち着いたとされて審理が再開した。

判決

1961年(昭和36)3月、死刑判決。

1967年(昭和42)5月25日、最高裁において死刑確定。

1971年、死刑執行。享年43