Pocket

駅止め殺人事件

駅止め殺人事件は、昭和32年5月2日午後4時頃に博多駅で発覚した殺人事件。

当時は、物を運ぶ手段が発達していなかったので、遠くに物を運ぶ手段は限られ、国鉄(JR)が使われた。

博多駅構内の貨物倉庫で異様な悪臭が発生しているのを駅員が発見し、博多署員立ち合いの下、梱包の木枠を開けると、布団にくるまれた人間の死体が入っていた。

遺体の特徴

頭蓋骨が砕かれ死後2か月が経過して腐乱していた。

死亡原因は、頭部を殴られたことによる死亡。

1m53㎝と小柄で手足が小さく、30歳位と推定。肉体労働者ではない。

スポーツパンツを履いていて、丸首シャツを着用していた。

荷物の足取り

荷物の発送人は、「名古屋市中村区牧野町 東海レントゲン株式会社」とあり、受取人は、「福岡市博多駅前・神野病院 神野良三様 博多駅止め」と書いてあった。

荷物の足取りをたどってみると、名古屋(笹島駅)の前に東京汐留駅から発送されている荷物であることが分かり、発送人と受取人も判明。発送人は、「前田電機株式会社 前田一夫」で、受取人も「前田一夫」になっていた。

汐留から名古屋、そして博多へ遺体を梱包した犯人を捜索してみたが、「前田電機株式会社」も「前田一夫」もどこにも存在しなかった。

犯人逮捕

前田一夫について、行方不明のものや怪しいものを調べたが、一向に進展しなかった。そこで遺体が入っていた布団袋のチャックから出所をさかのぼって行くと、本田彰(仮名20歳)という人物が急浮上した。

そして、遺体発見から19日目の5月21日に逃亡先の岡山県玉野市の叔父の家にいた本田彰を逮捕した。

職を転々と

本田彰は、中学を卒業後、叔父の仕事を手伝い、しばらくして玉野市内の鉄工所に就職したが、程なくして退職。その後、東京に出るが、働いては直ぐに辞めてを繰り返し、行く先々でトラブルを起こす。詐欺で逮捕されて兄に引き取られてもいる。

やがて行商の仕事をはじめ、北海道では後で殺されるKと知り合いになった。Kは行商の先輩で業界に信用があり、Kが問屋から生地を仕入れて「駅止め」で送り、それをコンビで行商した。

犯行

本田は、元々猜疑心が強く、次第にKが儲けを誤魔化して自分ばかり儲けているのではないかと疑い出す。

そして、3月5日午後、このことで口論になり、一旦Kを座らせて、本田はあらかじめ隠しておいた丸太でKの背後から後頭部に振り落とし、何度も頭部を殴り続けた。

 

死体は、布団で包んで木枠で梱包し、宛先は名古屋の「笹島駅止め」にした。

 

本田彰は一審判決で無期懲役。検事が「死刑」を適当として控訴するが棄却され、無期懲役が確定。