Pocket

上智大生放火殺人事件

平成8年9月9日午後4時40分頃、葛飾区柴又三丁目の会社員、小林賢二さん(50)自宅から出火。木造モルタル二階建て約90㎡が全焼した。隣家からの119番通報で出動午後6時には鎮火し、消防員が二階を調べると、両親の寝室から上智大学外国語学部4年生の次女・小林順子さん(21)が遺体となって発見された。

順子さんは、発見時には既に意識がなく、葛飾区内の病院に運ばれたが心肺停止状態で死亡した。発見時、順子さんは白い横じまのシャツに黄色の短パン姿で、口と両手、両足に粘着テープが巻かれていた。さらにストッキングで縛られ、首側面に数か所の刺された跡があった。また、両手には争った形跡があり、犯人に襲われた際、激しく抵抗したものと見られる。

犯行

事件当時の小林さん家族は、両親と姉と順子さんの4人家族だった。順子さんは事件の2日後にアメリカのシアトルに留学する予定だった。

事件当日、父親と姉は仕事に出ていて母親と順子さんの二人だったが、母親の幸子さんが午後3時50分頃に美容院のパートに出るときに声をかけると返事があり、玄関のかぎをかけずに外出した。犯人はその直後に侵入して順子さんを殺害し、その後に放火したと見られ、出火時刻は午後4時35分頃と見られている。

司法解剖の結果、順子さんは動脈と静脈を深く傷つけたことによる出血死だった。傷口の形状から犯行に使われた凶器は刃渡り8㎝、幅約3㎝の鋭利な刃物とみられる。

火元は1階東の6畳の和室と見られ、部屋を物色された形跡がなく、貯金通帳はそのまま、クレジットカードや現金には手をつけなかったため、当初は個人的な怨恨と思われた。しかし、順子さんに恨まれる理由が見当たらず、凶器もなく、物証もほとんど得られなかった。

複数の不審者

出火直前、雨が降る中、小林さん宅から傘もささずに柴又駅方面へと走り去る20代から30代の白っぽいシャツの男が目撃されている。また、午前中には現場付近をうろつく中年男性の姿も目撃されている。事件の3日ほど前には近隣で複数の家に勝手に入ろうとしている男性の姿も目撃されている。

しかし、複数の不審者の目撃情報も犯人の逮捕には結びついていない。

迷宮入り

事件から20年以上経過したが、現在も犯人逮捕には至っていない。