Pocket

女子高生コンクリート詰め殺人事件

女子高生コンクリート詰め殺人事件は、1989年に東京都足立区綾瀬で起きた16歳~18歳の複数の少年による殺人事件。検察をして、「犯罪史上においても稀にみる重大かつ凶悪の犯罪」と言わしめた。

発覚

昭和63年足立区綾瀬で銀行員の妻と長男が殺害される事件(綾瀬母子殺人事件)が起きる。捜査は難航し別の強姦事件で逮捕された少年二人に「お前、人を殺しちゃ駄目じゃないか」とかまをかけたところ、少年の一人が勘違いして自供し事件が発覚した。

ちなみに綾瀬母子殺人事件は、犯人が見つかることなく未解決のまま時効が成立した。

生い立ち

(名前は仮名)

一郎(主犯)

昭和45年生まれの最年長。会社員の父とピアノ教師の母との間に長男として生まれた。下には妹が一人。中学校では熱心に柔道にのめり込み、私立高校に推薦入学したが、いじめにあい挫折し、高校もそのまま自主退学する。その後、タイル工として働く。タイル工として働いた後、組事務所の当番勤務をつとめるようになる。母校の中学校に乱入してガラスを割り補導される。事件では、集団の指導的な立場にあった。

出所後に振り込み詐欺で2013年に逮捕。

 

次郎(サブリーダー)

昭和46年生まれで一郎がメンバーに加わるまでは集団のリーダーだった。小学校3年のときに両親が離婚し、ホステスやスナック経営で働く母に育てられる。私立高校に進学したが、1年の2学期に退学した。その後、配線工やアルバイトをして過ごす。

出所後に再犯を起こして逮捕される。神作譲容疑者は、東京都足立区の路上で知り合いの男性の顔や足に殴る蹴るなどの暴行を加えたうえ、金属バットで脅迫し、その後、車のトランクに押し込み、埼玉県三郷市のスナックに監禁。殴る蹴るの暴行を加え、男性に全治10日のケガを負わせた。

 

三郎

昭和47年生まれ。病院事務長の父と看護婦の母の間に生れ、兄を一人もつ。工業高校を1年2学期に退学する。三郎の部屋が被害者少女の監禁場所となり、輪姦、リンチ殺人の場所になった。

 

四郎

昭和46年生まれ。5歳のときに両親が離婚し、母親はスーパーで働いて子供二人を育てた。姉が1人おり、姉は高校を中退して働き、働いた金銭はほとんど家に入れたという。工業高校に入学後、直ぐに退学する。その後、ウエーターや空調設備の作業員などを転々とした。ゲームオタク。

共通点

一郎、二郎、三郎、四郎に共通するのが同じ中学校の出身で、いずれも高校を途中で中退しているドロップ組だった。二郎、三郎、四郎は、それまでにもちょっとした事件を犯していたが、集団に一郎が顔を出すようになってから、加速化していく。強姦やひったくりも一郎が指示し頻繁に繰り返されていった。

杜撰で無計画な犯行

昭和63年11月25日、一郎と三郎はその日も数件のひったくりをしていた。夜8時過ぎに自転車に乗った女子高生(被害者)がやってくるのを見て、三郎が体当たりし、一郎が助けるふりをして近くの倉庫内に連れ込み脅すことに成功、女子高生(被害者)は大人しく一郎に従ってホテルへ連れ去られていく。夜11時になって他のメンバーも合流し、被害者女性を夜の街に連れまわした。一郎以外の三人は、「女子高生とやれればそれでよかった」という。こうして41日間にわたる監禁事件は、行き当たりばったりで、杜撰な計画から始まる。

11月28日にみんなで被害者女子高生を輪姦した。合計すれば13人くらいの少年が暴行、輪姦に加わるが、中心となったのが一郎、二郎、三郎、四郎だった。

被害者女性は、何度か110番通報したり、脱出を試みたがいずれも失敗。失敗する度にリンチを受け、輪姦、暴行は日常的に行われる。

被害者の両親は、捜索願を出していたが、一郎の発案で被害者は自宅に電話をかけさせられる。被害者は母親に「友達の家にいるから捜索願を取り下げて」と言わされ、娘が拉致監禁されたとは思いもしなかった両親は捜索願を取り下げてしまう。

被害者が拉致されて三郎の部屋に住むようになった後、三郎の母親は不審に思い少女に家に帰らせようとするが、その度に一郎に見つかり阻止される。母親は以前から三郎の家庭内暴力に悩まされており、少女を帰らそうとしたことが発覚したときも暴力を振るわれ、息子の暴力におびえた母親は次第に関わらなくなる。

しばらくすると、元々が計画も場あたりで杜撰だったため、少女の存在が厄介になりだした。被害者を帰せば犯行が明るみに出ることになるため、帰す方法が見当たらない。

次第に暴力はエスカレートしていき、凄惨なリンチが始まる。被害者にオイルをかけて火傷させると、被害者の体中から膿が出るようになり、異臭を放つようになった。リンチで顔面が腫れ、目が判別できなくなった。排泄物を被害者に食べさせ飲ませることも日常的だった。そのくせまともな食べ物は与えられなかったため極度の栄養失調になっていく。

昭和64年1月4日、麻雀で負けた一郎の怒りの矛先は、被害者に向かう。三郎の部屋で被害者を延々と殴り続け、ろうそくに火をつけて顔にたらして皆で笑い、その後はおしっこを飲ませた。見ていた二郎と三郎もリンチに加わり、暴行は続く。二郎が鉄の棒で殴ったときにはほとんど反応を示さなくなっていた。

その後、4人がサウナから帰ると、どうも被害者の様子がおかしい。被害者の体に触ってみると死んでいた。すかさず、一郎が指揮してモルタルと砂、ドラム缶を用意して被害者をコンクリート詰めにした。

3か月後、ドラム缶にコンクリート詰め状態で発見されたときの被害者は、栄養失調状態で、体中に傷があり、多数の火傷が治る暇なく化膿して異臭を放っていた。長時間にわたって暴行を受けたことで、外傷性ショックに陥り、胃の内容物を吐瀉したことによって窒息死したものと認められた。

少年法

少年法では、死刑と無期刑の緩和がされ、「罪を犯すとき18歳に満たないものに対しては、死刑を持って処断すべき時は、無期刑を科し、無期刑を持って処断すべきときは、十年以上十五年以下において、懲役または禁錮を科する」と定められている。

判決

「身体的及び精神的苦痛・苦悶並びに被告人らへの恨みの深さはいかばかりのものであったか、まことにこれを表現する言葉さえないくらいである」

平成2年7月19日、判決が下された。

リーダー格の一郎が懲役17年。控訴審判決で懲役20年。

サブリーダーの二郎は、懲役5年以上10年以下。控訴棄却。平成3年7月に確定。

三郎は、第一審で懲役4年以上6年以下。控訴審判決は懲役5年以上9年以下。

四郎の一審判決は、懲役3年以上4年以下。控訴審で懲役5年以上7年以下。

 

 

実名のサイト

 

 

女子高生コンクリート詰め殺人事件 佐瀬稔

かげろうの家 女子高生監禁殺人事件 横川和夫