Pocket

井の頭公園バラバラ殺人事件

1994年4月23日、東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園である井の頭公園のゴミ箱から人間の一部が発見され、公園一帯を捜索すると次々に人体の一部が発見された。

遺体は、半透明のビニール袋に入れられ、全部で27袋。ゴミ箱の入り口に合わせるように22センチに揃えてバラバラにされていた。

被害者・足取り

バラバラの遺体の被害者は、DNA鑑定によって公園の近くに住んでいた一級建築士の川村誠一さん(35歳)と判明した。

川村さんは、遺体となって発見される2日前の夜に友人たちと新宿で食事をし、その後から行方が不明となっている。

身元が直ぐに判明したことから早期解決が期待されたが、多くの謎を残して2009年に15年の時効となる。

遺体の特徴

バラバラ遺体は、長さが22㎝に揃えられており、公園のゴミ箱の入り口に合わせていた可能性がある。

遺体の切断面に水きりの網がはめられ血液がすべて抜かれてあった。

梱包の仕方がキムチや漬物のようなにおいの強い食材を包む方法だった。

指紋と掌紋が切り取られていた。

頭部と胴体が発見できなかった。

様々な犯人説

遺体処理方法からみて、複数が協力しなければできないことからカルト宗教団体ではないかと考えられた。

実行犯が対象を間違って関係ない人間を殺してしまったのではないかという説も。

 

被害者の通勤路で衝撃音が聞こえたという情報があり、事故に巻き込まれたとする説がある。

他にも怨恨説、北朝鮮の実行説といったものまである。

 

 

参考文献 殺人者はそこにいる 逃げ切れない狂気、非業の13事件  新潮45編集部

私は真犯人を知っている 文芸春秋編集部