Pocket

首都圏連続不審死事件

2008年から2009年に首都圏で6件の不審死が連続して起きた。この6件の不審死で疑われたのが木嶋佳苗であり、そのうちの3件で起訴された。

事件概要

木嶋佳苗が起こしたとされる事件では、まず、金銭目的で婚活サイトに登録し、多額の金銭をだまし取ったうえで練炭を使って自殺を装うという殺害方法がとられている。

寺田隆夫さん(53)のケース

2009年2月4日、寺田隆夫さんが自宅のカーペットの上でアイマスクをしたまま死亡しているのを発見。部屋には練炭コンロが6つと、練炭が16個置かれてあり、死因は一酸化炭素中毒によるものだった。警察は自殺による死亡と判断した。

しかし、寺田さんが練炭コンロを準備した形跡はなく、合いかぎが無くなっており、姉の証言からも自殺の動機がないとされ、何者かに殺害されたと認められた。木嶋佳苗は、当時、犯行に使われた練炭コンロや練炭を既に入手しており、寺田さんと結婚する意志がないまま結婚を前提に多額の金銭を受け取っていたことから、殺害する動機は十分だった。

安藤健三さん(80)のケース

木嶋佳苗は、婚活サイトを利用して安藤健三さん(当時80歳)と知り合い、2008年6月に交際を開始する。同時期に寺田さんとも交際を開始する。また、木嶋がのちに詐欺で訴えられる宮本さん、詐欺と窃盗で訴えられる木村さんとも交際を同時に進行させている。

安藤さんは、木嶋とデートした際、4度にわたって意識を喪失しており、意識喪失の間に、絵画が盗まれ、クレジットカードが無断で使用されている。2009年5月15日、畳替えを手伝うと称して木嶋は安藤さん宅へ行き、安藤さんの銀行口座から189万円を引き出す。そして、木嶋が安藤さん宅を出た数時間後、安藤さんは火災にあって死亡した。遺体からは、睡眠薬が検出され、部屋には練炭コンロと練炭が置かれてあった。

木嶋が安藤さんの死亡時刻と近い時刻まで一緒にいたこと、当時木嶋が練炭や睡眠薬を入手していたこと、安藤さんには自殺の動機がなかった等のことから木嶋が安藤さんを殺害した可能性は極めて高いとされた。

大出嘉之さん(41)のケース

木嶋佳苗は、大出嘉之さんとも婚活サイトを通して知り合い、2009年7月中旬頃から交際を開始する。7月24日に470万円を振り込ませて結婚を約束する一方で、睡眠薬と練炭を入手し、大出さんの殺害を準備する。8月6日、練炭が焚かれた車内から嘉之さんの遺体が発見される。大出さんの遺体からは、睡眠薬が検出され、練炭による一酸化炭素中毒が原因による死亡と判断される。大出さんは、睡眠薬を普段服用しておらず、車のキーも現場からは見つからなかった。さらに、大出さんの手には炭粉が全く付着しておらず、自殺の動機がなかったことから他殺によるものと判断された。

木嶋は、大出と一緒に駐車場まで同行し、死亡時間に密接した時間まで一緒だったこと、遺体から検出されたと同種の睡眠薬や練炭コンロを入手していること、大出さんを殺害する動機があったことなどから木嶋が大出さんを殺害したと優に認められる。

生い立ち

木嶋佳苗は、昭和49年11月27日に、祖父は司法書士、父は行政書士という家庭で、妹二人と弟一人を持つ長女として生まれた。木嶋一家は、最初は隣の中標津町で暮らしていたが、佳苗が小学校に上がる頃に祖父の住む別海町へ引っ越した。佳苗は別海の中央小学校、中央中学校と進み、別海高校を卒業した。

木嶋は、子供のころから盗癖があった。中学校では、家族ぐるみで付き合いのあった同級生の家から印鑑と預金通帳を持ち出し、根室まで行って金銭を引き出そうとしている(未遂)。中学では未遂で終わったが、高校でも同じ同級生の家から印鑑と預金通帳を持ち出し、今度は成功して800万円近い金銭を引き出した。

高校を卒業後に上京し、ケンタッキー・フライド・チキンに入社。その後、東洋大学経営学部に入学したが、学費未納で除籍処分。1年後、デートクラブに登録。

木嶋は、デートクラブで知り合った男性へ一日に何十通ものメールを送っている。木嶋は料理学校に通って勉強しており、料理の腕は本格的だったと被害者男性の一人は言う。父親を弁護士、母親を実業家と偽って自分をよく見せることも怠らなかった。

高校の卒業アルバムの自己紹介

名前 木嶋佳苗
ニックネーム きじかな
誕生日・誕生石 昭和49年11月27日 トパーズ
血液型 A型
趣味 お料理・読書・美術・映画鑑賞
夢 可愛い奥さん&お母さん
好きなタイプ 逸見政孝、志村けん、梅宮辰夫
好きな歌 平松愛理の「部屋とYシャツと私」「マイ・セレナーデ」
好きな花 蘭
3年間で楽しかったこと 遊び
特技 ピアノ・お昼寝・お掃除
好きな言葉 一期一会・病は気から
嫌いなタイプ 不潔・貧乏・バカ
好きな歌手 マライヤ・キャリー、ボビー・ブラウン、浜田省吾、石原裕次郎、ドリカム、松田聖子
好きなTV番組 今日の料理、スーパー競馬
自分を動物に例えると パンダ
3年間で辛かったこと 太ったこと、ダイエット

完全否認

木嶋佳苗は、当初から完全否認しており、決定的な証拠がなく、物的な証拠が乏しい中での立件となった。そのため、必ずしも検察側に有利に事が運ぶというわけではなかった。

2012年4月13日、第一審で死刑判決が下った。木嶋は、即日控訴したが、東京高裁も第一審を支持し2014年3月控訴は棄却された。

木嶋はこれを不服として即日上告している。

2017年4月14日、上告棄却、死刑確定。

 

 

参考文献

別海から来た女 木嶋佳苗悪魔払いの百日裁判 佐野眞一

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記 北原 みのり

木嶋佳苗 法廷証言 神林 広恵 高橋 ユキ