Pocket

明治15年(1882)から4年間にわたって、東京でピストル強盗事件が80件以上にわたって連続して起こり、5人が殺害された事件の犯人が清水定吉だった。日本で最初の拳銃強盗事件とも呼ばれる。

犯行は4年にわたり、なかなか犯人逮捕に至らなかった。

明治19年12月3日、東京日本橋の絵草紙屋、石川スズ方に35歳くらいの男がピストルを持って押し入った。家人の岡島長次郎が声を出したため、男は長次郎に向かって発砲して逃走した。近くにいた人力車の車夫が、最寄りの派出所に通報した。通報を受けた久松警察署の小川佗吉郎巡査が現場に向かう途中、不審な男がいたため、呼びとめると「私は按摩で、得意先に治療に行くところ」だという。巡査が懐に入れた両手を出せと命じると、男はいきなり短刀を振るって襲い掛かった。巡査は左手に重傷を負ったが追いかけて逮捕した。

逮捕された男は、当初、太田清幸と名乗ったが、それは偽名で実際の名前は、清水定吉だった。

清水定吉の自宅を捜査してみると、血痕が付着した刀や、凶行に用いたと思われる道具が数点見つかり、証拠を突き付けられた清水はついに観念して自供した。

清水は、浅草で僧侶をしていたが、放蕩好きだったため、常に金銭に不自由していた。たまたま明治15年に日本橋浜町の道路でピストルと実弾59発を拾ったことから強盗を思いつき凶行に及んだという。一度ピストル強盗を試してみると、あっさりと成功したため、次々に金品を強奪し、強盗に入った家は80軒を超えた。

清水は、夜になると按摩の格好をし、町を歩いて獲物を物色するという手口だった。

明治20年8月11日、死刑判決を言い渡された。

 

ピストルで撃たれ、左手を切った小川巡査は、明治20年2月に退院したが、その後、再び傷が悪化して4月26日に亡くなった。

 

 

日本猟奇・残酷事件簿 合田一道・犯罪史研究会