Pocket

小松川女子学生殺人事件

小松川女子学生殺人事件は、1958年8月17日午後6時過ぎに東京都江戸川区にある小松川高校で起きたとされる殺人事件。

1958年8月20日、読売新聞に小松川の女子学生の殺害をほのめかす電話があり、いわれた通りに高校の屋上を調べると17日から行方が不明になっていた女子学生が発見された。

このやりとりを録音したものを公開した結果、容疑者の李珍宇(18)が逮捕された。

逮捕まで

1958年8月17日ごと6時過ぎ、東京都江戸川区の都立小松川高校に在籍する李珍宇は、屋上で読書をしていた一人の女子学生を発見し、驚かすつもりでナイフ片手に近づく。

驚いた女子学生は、助けを呼ぼうとするも、慌てた李珍宇に絞殺される。その後、李珍宇は女子学生を屋上の物置小屋に引きずって屍姦した。

 

女子学生殺害から4日経っても死体発見の報道がないため、少女が生き返ったのではないかと不安に思った李珍宇はまず、警察に女子学生を殺して屋上の物置小屋に隠してあることを

自ら電話する。電話があったことで小松川高校の屋上から遺体を発見し、被害者は定時制2年の女子学生(16)であることが分かった。

その後も李珍宇の行動は止まらず被害者の遺品を遺族に送りつけたり、警察や新聞社に挑発するように電話をかけた。

 

1958年8月29日、新聞社が李珍宇とのやりとりをラジオで放送し、4日後に逮捕される。

自供

李珍宇は、逮捕後に1958年4月に発生していた女性(24)の殺人についても自供した。李珍宇の自宅から100mほどの距離で起きた事件だった。

女子学生を殺した動機について聞かれた際は、「驚く顔が見たかった」と答えた。

犯人は未成年

1959年2月、反省の様子がない李珍宇の態度が裁判官の心証に影響したのか、未成年という点が考慮されず更生の見込みなしと判断され第一審で死刑判決が出された。

李珍宇は、在日朝鮮だったことから「在日朝鮮に対する差別反対」運動が起こり、多くの著名な作家や評論家、支援団体から死刑反対運動が起こった。

しかし、判決は覆らず、当時死刑が執行されていた宮城刑務所送りとなった。

判決

1959年2月、第一審で死刑判決。

1959年12月、控訴棄却。

1961年8月、上告棄却により死刑確定。

1962年11月26日、死刑執行。享年22。