Pocket

京都主婦首なし殺人事件

平成7年4月29日、京都駅から山陰本線で1時間程の園部駅から車で1時間程行った小川のほとりに福知山市に住む男性が山菜取りに出かけたところ、小川の岸辺に横たわっている女性を発見した。最初に遺体を発見した男性は最初、マネキンと間違えたという。というのは、遺体には頭部と両手がなく、腐敗もなく、切断面から血が流れていなかったため血抜きがされたような状態だったからだ。被害者女性は、兵庫県三田市の平島病院のパート主婦の田中久美子さん(44)だった。

 

園部所に捜査本部を設置した京都府警は、関係者の証言から、当時、久美子さんと不倫関係にあった45歳の会社員男性を9月1日に殺人並びに死体遺棄の容疑で逮捕した。

会社員男性に対する調べによって、久美子さんの死の直前まで二人でホテルにいたことが発覚し、会社員男性の車から結婚まで検出され、事件はこのまま全面解決すると思われた。

だが、男性はその後、無罪放免され、久美子さんの頭部と両手は発見されず、未解決事件となった。

 

事件当時、男性と久美子さんは10年以上の不倫関係にあり、その日も二人は一緒にいたという。

死亡解剖の結果、死亡推定時刻は26日の深夜から27日の未明と判明した。男性と久美子さんがラブホテルにチェックインした直後のことだった。以上のことから捜査本部は犯行現場をラブホテルと睨んで逮捕に踏み切った。

 

久美子さんの血液型はAB型で、男性の車から検出した血液もAB型のものだった。しかし、血液が古くDNA鑑定は出来なかったため決め手とはならなかった。

次に捜査本部は、男性の奥さん立会いの下、焼却炉を捜索した。焼却炉には久美子さんの持ち物の黒ずんだキーホルダーと、溶けかけたサングラスの枠と、留め金が見つかった。久美子さんの母親に確認してもらうと久美子さんのものであることが判明した。

捜査本部でもこの男性以外の疑わしい人物は浮かんでこなかったため、男性に絞って取り調べた。

男性の供述は、弁護士がつく前と後とでは全然異なるものだった。男性の弁護を務めた弁護士は、狭山事件の弁護士として有名な山上益朗氏で、山上弁護士は冤罪を訴え辣腕を振るった。

そのまま、勾留期間の期限までに自供はなく処分保留のまま男性は釈放された。

 

一体なぜこんな事態になってしまったのか。

 

出典は 週刊実話

「殺人者はそこにいる 逃げ切れない狂気、非情の13事件」新潮45編集部