Pocket

吉展ちゃん誘拐殺人事件

吉展ちゃん誘拐殺人事件は、昭和38年(1963)に起きた身代金目的の誘拐事件。

警察の初動捜査ミスによって誘拐された吉展ちゃんが殺害されてしまい、後に白骨化して発見される。

雅樹ちゃん誘拐殺人事件をきっかけにできた報道協定が初めて結ばれた事件でもあった。

警察の失態

昭和38年3月31日、足立区に住む村越さん一家の長男・吉展ちゃんが公園に出かけたまま、夜になっても帰ってこなかったため、家族は警察に捜索願を出す。

当時、営利目的の誘拐が少なかったため、連絡を受けた警察は、迷子、事故を疑って近隣付近一帯を捜索したが見つからなかった。しかし、近隣への聞き込みから30歳くらいのコートを着た男に話しかけられていたという目撃情報から誘拐を疑い捜査本部を設置した。

4月2日になって、吉展ちゃんを誘拐した犯人から身代金を要求する電話がかかってくる。犯人は、警察には誘拐のことを黙っておくように言い、交渉すること合計9回、身代金として50万円を用意するように要求した。

犯人の要求通りに50万円を持って母親が指定された場所に向かい現金を置いたが、現場には吉展ちゃんの靴があっただけだった。警察は包囲するのに手間取り、警察の隙をついて犯人は逃走してしまう。

誘拐事件であることを確認した警察は、マスコミと報道協定を結んだ。4月19日に公開捜査に切り替え、25日には犯人の声をラジオを通して全国放送した。そのかいあって数多くの情報が寄せられたが犯人逮捕には至らずに時間だけが過ぎていった。

犯人の声

身代金交渉の時に録音された犯人の声は東北弁という特徴があった。さらに録音された犯人の声を国語学者が分析すると、福島の訛りがあることも分かった。

2年以上を経過しての逮捕

事件が発生してから2年以上が経過した昭和40年。前橋刑務所に窃盗をして服役していた小原保(32)が吉展ちゃん誘拐を自供した。

小原は福島県の出身で、捜査当初から容疑者の一人として疑われている男だった。小原は事情聴取も受けていたが、犯行当日にアリバイがあるということで捜査線上から外された。

取り調べたのは、敏腕刑事といわれた平塚八兵衛だった。この事件は物的証拠が少ないため、平塚は小原のアリバイを崩してから、小原の自白をとりつけようとした。小原は、最後には自責の念から犯行を自供して逮捕された。

小原は、吉展ちゃんは誘拐した後に殺害し、墓地に埋めたと自供した。小原の供述通りの場所から白骨化した遺体を発見した。

判決

1966年に東京地裁で死刑判決を受け、控訴、上告するが棄却し、1967年に死刑が確定した。

1971年に死刑執行。