Pocket

栃木雑貨商一家殺害事件

1955年3月17日の深夜、栃木県芳賀郡で雑貨商を営む一家4人が殺害された事件。

当初は金銭目的の強盗だったが、現金が2千円しかなかったため、腹いせに女中と女主人が強姦絞殺され、現金2千円と腕時計1個を持って犯人は逃走。

盗んだ腕時計を東京の妹に与えたことが決め手となって、2か月後に近くに住む農業手伝いの菊池正(26)が逮捕された。

母親思い

菊池正は、母親思いで真面目というのが近隣からの評判だった。

事件の5年前、県内の眼科で母親が白内障と診断される。

母親の目の治療費を稼ぐため、菊池は朝の暗いうちから夜遅くまで働いたが、一向にお金はたまらなかった。

そんなとき、近所の商売上手といわれた雑貨店に盗みに入ること思いつくが、全ては母親の目の治療のためだった。

死刑囚の脱走(未決)

菊池正は、1955年5月12日午前7時に東京拘置所の死刑囚房舎から脱獄した。

当初、見回りの刑務官が早朝6時半の点呼時に確認していると証言したため逮捕は時間の問題と思われたが、事件発覚時には菊池は電車で実家のある栃木に向かっていた。

実は菊池が脱獄したのは前日の午後7時過ぎで、当日6時半に確認したというのは、当直の刑務官が責任追及を免れるためについたうその証言だった。

 

一家4人を殺害して逮捕されたことで、菊池の母親が近隣住人に村八分にされており、村八分にされていることを兄の手紙で知った母親思いの菊池は母親に詫びたいとの思いから脱獄を決意した。

 

菊池はパンを購入し、パンに水を含ませ欠片にして再度、干すことで保存食を作っていた。休憩時間には脱獄に備えて腕力を鍛えた。

 

異父兄にも手伝ってもらい金ノコを手に入れた。

兄は雑誌を差し入れと称して菊池に渡し、雑誌にはいくつかの文字に点をつけ、文字をつなげると「背表紙の裏」という一文になった。

兄は雑誌の背表紙に金ノコを隠し、偽名を使って別の囚人に差し入れを入れ、その囚人が読み終わった雑誌を菊池が借りて背表紙から金ノコを回収するという用意周到なものだった。

金ノコを手に入れた菊池は、鉄格子を少しずつ切っていった。

 

脱獄した菊池は、駅を使わず走ってる列車を乗り継ぎながら栃木の実家へと向かった。

栃木では、実家の様子や周辺の状況を兄と待ち合わせて教えてもらったが、実家の近くは警察が抑えていた。

保存食もなくなり、脱走から10日ほどしてた頃、業を煮やした菊池は正面から実家に向かうも実家近くで警察に捕まった。

逮捕された菊池は、「一目だけでも母親に会わせてくれ」と叫びそれを聞いた母親と妹が家を飛び出したため、親子は再会することができた。

判決

1953年11月、宇都宮地裁で死刑判決。

1954年9月、東京高裁で控訴が棄却。

脱走事件。

脱走後、東京拘置所に戻された菊池に対して最高裁は上告を棄却し、死刑が確定した。

 

1955年11月21日宮城刑務所で死刑執行。享年28

菊池の最後の言葉は、「おかやん、おかやん助けてくれよ、おかやん。」だったという。