Pocket

 

平成6年2月18日、世田谷区のアパートで青山学院大学の学生が自室で殺害されているのが発見された。

異常性向

犯人は、当時20歳の出水智秀と飯田正美の男女二人組。この事件が話題となった理由は、被害者が殺害される前に出水智秀の指示によって出水の彼女である飯田正美と性交させられていたからである。

被害者の隣室に住む住人のHさんと飯田は中学生時代に付き合いがあり、事件に発展したのもこのことが元であった。

出会い

出水智秀と飯田正美の付き合いは、平成5年の2月、名古屋市で出水が飯田をナンパしたことから始まった。その後、二人は大阪、名古屋、東京、宮崎、福岡と、各地を転々としている。

金に困れば車上ねらいをして金を稼ぎ、やがて二人は美人局を始めることを思いつく。

狙いとなったのが中学時代に飯田と交際していたHさんで、飯田がHさんを誘惑し、その後に出水が現れて現金を脅し取る計画だった。Hさんからは二度にわたて現金を脅し取ることに成功。

三度目の恐喝

二度にわたってHさんから現金を脅し取った出水は平成6年2月に三度目の恐喝をするため、福岡から東京へと向かう。出水からの電話で危険を感じたHさんがアパートを離れ、出水と飯田がHさんの家に着いたときは誰もおらず、出水と飯田はアパートに侵入してHさんを待つことにした。

Hさんがなかなか戻らないため、出水は隣の部屋の住人から金を奪うことを計画する。

青学大生の殺害

2月15日、飯田が隣に住む青学大生を換気扇が壊れたといって誘い出し、隠れていた出水がナイフで脅して現金5万3千円とキャッシュカードを奪い、青学大生を縛り上げた。縛られた青学大生に死ぬ前に飯田を抱かせてやると言って飯田に命令する。

青学大生の上に重なった飯田を見ていた出水だったが、反応を眺めていた出水が彼女に嫉妬し、途中でみずからことに及んだ。

事を終えた後、青学大生が隙を見て逃げ出そうとしたため、慌てて出水が飛びかかって青学大生の腹、左胸、頭をナイフで刺し、最後に喉を切っったうえ、ひもで首を絞めて殺害した。

判決

平成6年9月5日、出水に対して無期懲役、飯田に対して懲役15年の判決が下った。