Pocket

鬼熊事件

鬼熊事件は、1926年(大正15)に千葉県の香取郡久賀村(現・多古町)で起きた事件で、犯人はこの村の住人の岩淵熊次郎という男だった。

 

熊次郎は、2件の殺人と4件の傷害事件を犯して山中に逃亡。

逃亡の際、山で出くわした警察も殺している。

 

おかしなことに、熊次郎は凶悪犯にもかかわらず、村人たちは、逃亡中の熊次郎食糧を与えたり、偽りの情報を流して捜査をかく乱、熊次郎の逃亡を助けている。

熊次郎の生い立ち

熊次郎は、久賀村の農家の次男として生を受け、最初は農業を仕事にするが、やがて荷馬車引きという運搬の仕事に転職した。

荷馬車引きの仕事では、久賀村の材木を町に運び、帰りに肥料を村に運ぶということをした。

熊次郎は、義理人情に篤い人物で村人たちに「熊さん」と呼ばれて親しまれたという。

 

やがて熊次郎は、およねという女性と結婚し、5人の子供にも恵まれた。

しかし、熊次郎は女癖が悪く、度々トラブルを起こしていた。

女癖

結婚した熊次郎だったが、松野屋という小料理屋に借金の方として売られた「おはな」という女性の話を聞いて同情して惚れてしまった。

その後、おはなは岩井という男性が経営する店に移ってしまう。

熊次郎は、おはなに会うために岩井の店を訪ねるが、岩井はおはなに会わしてくれず、熊次郎は追い払われる。

 

次に熊次郎が惚れたのが小料理店を営む上州屋に売られてきた「おけい」であった。

しかし、熊次郎は、おけいが情夫の菅沢寅松と密通している現場を目撃する。

怒った熊次郎はお刑に暴力をふるい3か月の間収監された。

犯行

3か月で済んだのは、以前、世話になった豪農の尽力によるものだった。

豪農を訪ねて礼を述べた後、おけいにも謝ろうと思い、おけいの家を訪ねると、寅松の父親が息子と一緒になるようにおけいに話していたことを知り、怒った熊次郎はその場でおけいを殺し、寅松の父親の家に向かい石油をかけて火を放った。

次に熊次郎を逮捕した巡査長を襲おうと駐在所に向かうが、駐在所は留守だったため、置いてあったサーベルを盗んだ。

次に熊次郎と「おはな」を会わせなかった岩井の家に向かい、岩井を殺害して山中へ逃げ込んだ。

 

熊次郎は、山から下りたところで警察官と出くわし、この警官をサーベルで殺害している。

その後、警察は、1か月経っても熊次郎を逮捕できなかった。

 

当時の警察は、権力が強大で意味なく市民に威張り散らしていたため、評判が悪かった。

村人たちは、捜査をかく乱するために偽りの情報を流したり、熊次郎に食糧を与えたりして逃走を助けた。

 

やがて熊次郎は、新聞記者にインタビューをさせて、「恨みは果たした」と言い残して最期に自殺して果てた。