Pocket

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

名古屋妊婦切り裂き殺人は、昭和63年3月18日に名古屋市中川区にある新興住宅街のアパートの一室で起こった猟奇殺人事件。

被害にあったのは、27歳の出産予定日を5日過ぎている妊婦だった。

夫である会社員の男性が帰宅すると赤ん坊の泣き声だけが聞こえる。

男性が近づくと妻は両手がしばられ、首にはこたつのコードが巻かれて死んでいた。

死亡原因はこたつのコードで首を絞められたことによる窒息死だった。

 

その後、犯人の足取りがつかめず、平成15年に未解決のまま時効成立した。

猟奇的殺人

女性の遺体状況から、女性は絞殺された後、腹を鋭利な刃物で切り裂かれていた。

下腹部からみぞおちに38センチにわたって切り裂かれ、お腹にいた胎児は取り出されていた。

胎児を取り出した後は、切り裂かれた腹に、コードを引きちぎった受話器とミッキーマウスのキーホルダーを詰め込んだ。

犯人の謎

この事件は犯人の特定に至らず未解決となったたが、様々な謎が残っている。

被害者女性の夫

最初の疑惑は被害者の夫に向けられた。

帰宅後、出産予定日を5日過ぎている妻を探そうとせずに服を着替えていた。

記者会見の前に妻がワイン好きだからと、報道陣を前にワインを霊前に供えたことが仰々しかった。

しかし、男性は事件当時、会社にいたためアリバイが完全に成立していた。

隣の空き部屋に見知らぬ男性の出入りがあった

被害者女性は、生前に友人に対して、自分たちの部屋の隣が空き部屋なのに見知らぬ男性が出入りしていて不安と告げていた。事件当日の午後1時50分から午後3時までこの友人と一緒で、友人が帰る際、部屋の鍵を開けたまま駐車場まで送っていた。アパートは2階建てで1階と2階にそれぞれ2部屋ずつあり、被害者宅は2階の西側で、東側は空き部屋だった。

1階に住む住人によると、事件当日午後3時過ぎ、30歳前後の不審な男性が訪ねていた。その際、「ナカムラさん」のお宅を知りませんかと聞いてきたため、気味が悪くて知らないといってドアを閉めたという。事件があった時刻については、悲鳴や物音も何もなく、夜に警察が来たことで初めて事件を知ったという。

事件当日、エンジンをかけっ放しにした自動車の目撃情報や、午後4時30分と午後7時頃にも周辺をうろついている男性の目撃情報があった。

物的証拠

今回の事件では、凶器が見つからず、犯行現場に何も残していなかった。指紋はきれいに拭き取られ、台所の流しには血をきれいに流した後まであった。

犯人は土足で上がり、靴の大きさから大人の男の可能性があるという。

医学の専門知識があるものの犯行

腹部が鋭利な刃物で2,3回同じ箇所が手際よく切られているため、医学の専門知識がある程度ある者の犯行と考えられた。

犯人像

いずれにせよ犯人は、同情や愛情が非常に薄い情性欠如性の異常性格者だと思う

 

 

結局、犯人が捕まらなかったため、犯人は社会のどこかで生活している。犯人はどこで生きているのだろうか。

 

出典 殺人者はそこにいる 逃げきれない狂気、非情の13事件 「新潮45」編集部編