Pocket

名古屋アベック殺人事件

名古屋アベック殺人事件は、足立区で起きた「女子高生コンクリ―ト詰め殺人事件」、栃木県で起きた「栃木リンチ殺人事件」と並んで未成年者の凶悪事件として有名な事件。

1988年2月、名古屋市緑区の県営大高緑地公園でデートをしていた男性(19)と女性(20)の若いアベックが突如、武器を持った若者複数名に襲撃され、山中に連れられ拉致監禁の末に嬲り殺しにされた。

事件概要

17歳から20歳までの不良グループ(主犯格の少年A19歳、少年B17歳、少年C18歳、高志健一20歳、少女D子17歳、少女E子17歳)は、日常的にアベックを襲撃して金品を奪う行為をしていた。

1988年2月23日、この日も金城埠頭で二組のカップルを襲い金品を奪ったグループは、その後、大高緑地公園に移動し、駐車場に停まっていたチェイサーに乗車していた野村さん(19歳)と末松さん(20歳)を取り囲んだ。

 

運転席から野村さんを引きずり出すや否や木刀と鉄パイプを持った6人で野村さんを殴打する。

D子とE子は、助手席に座っていた末松さんを引きずり出して上半身裸にさせ、足蹴にして木刀で殴りつける。

不良グループは、怯えて無抵抗の末松さんを殴り続けた後、藪の中に連行して全裸にさせてかわるがわる強姦した。

強姦している間、野村さんの車は破壊され、野村さん自身にも暴行が加えられた。

殴打された野村さんは、耳の後ろから吹き出すように出血したという。

そして、末松さんを全裸にして主犯格の少年Aがやきを入れるようにと言い、代わる代わるタバコの火を末松さんの肩、腹、背中、乳房等に押し付けた。

少年Bが末松さんの両足首をもって広げ、陰部にシンナーをかけてタバコの火を腹部に押し付けたが、その時には末松さんは放心状態でされるがままだったという。

 

24日午前6時頃、人通りが増えてきたため、6人は野村さんと末松さんを拉致することを決意する。

車中では末松さんが泣き続けている。

 

怪我の酷い野村さんを見て主犯格のAが野村さんと末松さん殺害を提案する。

一旦、用事を理由にDが抜け、翌日24日の午前1時40分頃に再びDと合流。

死体処理に使用するスコップやロープを用意し、午前4時30分に愛知郡長久手町の卯塚公園墓地に到着した。

 

Bは野村さんを車から降ろし、両手をロープで縛る。Aは野村さんを正座させ、ロープを二重に首に巻き付け一方の端をBに渡す。

野村さんは「助けてください」と命乞いしたが、AとBはロープの綱引きのように引っ張り合って野村さんの首を絞めて絶命させた。

野村さんの遺体を車のトランクに積み込んだ後、泣き続ける末松さんを連れて名古屋港埠頭に戻る。

 

末松さんは途中、「外を見たい」と懇願して許され、スキを見て自殺を図ろうとするがBに捕まり車に戻された。

不良グループは末松さんを連れてAのアパートに行き、Bが末松さんを強姦。

翌25日の午前2時、三重県の大山田村に到着した一行は、死体を埋めるための穴を掘る。

殺害される直前、声を押し殺して涙を流しながら末松さんは野村さんの死体を見ることになる。

午前3時頃、下着一枚にさせられた末松さんの首に、AとBがロープを巻き付ける。

末松は最期に「やるなら早くしてください」と叫び、AとBがロープを引っ張り合った。

末松さんは手足をバタバタさせたが、しばらくすると動かなくなった。

判決

1989年6月、名古屋地裁は、主犯格のAに対して死刑、少年Bに対して無期懲役が言い渡された。

「少年だから大した罪にならない」と逮捕後発言していた少年Aは、第一審の判決を不服として控訴。

名古屋高裁は一審判決を破棄し、控訴した少年Aに無期懲役に減刑された。

少年Aと少年Bは無期懲役、他の4人に対しては有期刑。

出所した4人のその後

無期懲役刑が言い渡された少年Aと少年Bを除いた他の4人は刑期を終えて現在出所している。

被害者家族である野村さんの父親が誰に看取られることもなく寂しい死に方をしたのとは違い、出所した4人は、被害者に謝罪することなく、それぞれが家庭をもって自分たちの人生を送っているという。

 

 

 

参考文献

犯人直撃「1988名古屋アベック殺人」少年少女たちのそれから

殺戮者は二度わらう―放たれし業、跳梁跋扈の9事件