Pocket

神戸洋服商殺人事件

神戸洋服小殺人事件は、1951年1月17日に詐欺容疑で指名手配中の在日朝鮮人・孫斗八(25)が、神戸市にある顔見知りの呉服店の夫婦を金槌で殺害した事件。

孫は、六法全書を片手に告訴を立て続けに起こし、訴訟によって業務が滞ることを恐れた拘置所は、孫に対して腫れ物に触るような対応をとった。

訴訟を次々と起こす孫は、次第に刑務官らをアゴで使うようになり、大阪拘置所で第二の所長とまで呼ばれるようになった。

事件概要

昭和26年(1951年)1月17日、神戸市の生田区で住む家もなく詐欺容疑で指名手配されていた孫斗八は、ある洋品店に寄った。

孫は以前、オーバーを購入したことがあり、店主と妻はぜんざいをふるまい、飲み屋で酒をおごった。

その後、飲み屋の前で孫と店主は別れたが、1時間後に孫は洋品店を訪れる。

店主の妻が対応して既に主人は寝ているといわれた孫は、近くにあった金槌を見つけ、金槌で店主の妻を撲殺。

そのまま住居に侵入して店主を見つけて撲殺し、現金1万円と預金通帳と印鑑、衣類30数点を奪って逃走した。

しかし、10日後に広島で発見され逮捕された。

生い立ち

孫斗八は、1927年に朝鮮で生まれた。

幼くして父が死んだため母と別れ8歳で日本に住む親せきを頼って広島へと来たが、朝鮮人というだけで差別を受けることになる。

1944年に広島高専へ入学するが、翌年広島に原爆が投下され、孫は全てを失った。

その後の孫は、窃盗や詐欺を繰り返して流行のファッションに身を包み大ぼらをはいて見栄を張るという人生を歩んだ。

獄中で戦う訴訟魔

1951年12月19日、孫斗八に対して神戸地裁で死刑判決が下された。

 

どうすれば死刑から逃れられるかを考えた孫は、たまたま読んだ六法全書から告訴することを思いつく。

孫は、拘置所の職員を次々に告訴し、拘置所の制度そのものに対して対象を広げていった。

「ラジオ放送を自由に選択できるように」、「日用品は無料で支給しろ」、「監房内での本の制限を撤廃するように」といった拘置所生活のあらゆることが訴訟の対象となり、130にも上ったという。

これによって拘置所では業務が滞ることを恐れて孫の要求を吞むようになり、孫は拘置所内を我が物顔で振舞うようになった。

 

1955年12月16日、最高裁は上告を棄却し、孫の死刑が確定した。

 

1958年8月20日、大阪地裁で孫が告訴した判決が下された。判決は孫の勝訴だった。

 

調子にのった孫は、死刑制度そのものに対して反対の訴えを起こした。

この訴訟で孫は、大阪拘置所の刑場を自ら視察し、3時間にわたって刑場を歩き回って写真を撮った。

死刑執行

その後も第二の所長として刑務官をこき使ったが、新しい所長が赴任してきたことで孫の立場は変わった。

新しい所長は、孫の行動を制限し、刑務官をアゴでこき使うことをさせなかった。

 

1963年7月17日、刑場に近い房の囚人は刑場から離れた部屋に移されていた。

唯一、病気のために部屋を移されなかった囚人が孫の最後の叫び声を聞いたという。

「貴様らだまし討ちにするのかっ!卑怯だぞ」だったという。

1963年7月17日午前10時過ぎ、孫斗八の死刑執行。享年37