Pocket

蟹江一家殺傷事件

2009年5月に愛知県蟹江町で起きた強盗殺人事件。

蟹江町にある一軒家で、一家の次男(26)が出勤しないため、身を案じた上司と恋人が交番の巡査を伴って一家の自宅を訪ねたのが2009年5月2日の昼過ぎであった。

訪ねてみたことで、次男が死亡し、三男(25)が重傷を負っているのを発見。母親(57)が死亡しているのも発見された。

 

5月2日未明に酔って帰宅した三男によると、帰宅して玄関で靴を脱ぐ際に背後から首を刺され、手足を縛られたという。

三男は、犯人と会話しているが、「ムリ」という単語を多用し、「外国人のようなイントネーションの日本語を話していた。」と話す。

他にも「こんなはずじゃなかった」といった趣旨の言葉を残しているという。

 

犯行後も犯人は、住居に残り一階の床の血痕を念入りに拭き取ったり、洗濯機を使って証拠隠滅を図り、夕食にも口をつけている。

その後は、次男の上司と恋人が巡査を伴って自宅を訪ねてきた際まで居座り続け、巡査のスキをついて逃走している。

遺留品と犯人像

犯人が現場に残したのは、強い体臭を放つ長期間着ていたと思われる薄汚れたグレーのパーカー、凶器に使用したモンキーレンチとクラフトナイフ、防寒用の手袋、使い捨てのマスク、夕食を口にする際に使ったお椀に付いた唾液(一家にいないO型の血液型と判明)。

2009年12月、警察庁が懸賞金の対象事件とした。

犯人の中国人逮捕

2012年12月7日に自動車の窃盗事件で中国国籍の林振華(29)が逮捕され、林振華のDNAと遺留品が一致したため、強盗殺人および強盗殺人未遂で林振華を逮捕。

林振華は、蟹江町にある一軒家で3人を殺傷した当時は三重県大学の留学生だったが、逮捕時は無職で事件当時の動機も「金に困っていた」からという。

蟹被告両親が死刑回避の訴え

2009年に、愛知県蟹江町で山田喜保子さん(当時57歳)と、次男の雅樹さん(当時26歳)を殺害し、現金を奪ったなどの罪に問われている中国籍の林振華被告(31)の裁判で、被告の両親が出廷。

両親は複雑な心境を語り、山田さんの遺族に対しては「1万回謝罪しても足りない」とした上で、遺族が死刑を望んでいることについて、「生きて罪を償ってほしい」と死刑の回避を訴えた。

一審、二審と死刑判決

6年前、蟹江町の住宅で、山田喜保子さんと次男が殺害されたうえ、現金が奪われた事件で強盗殺人などの罪に問われた中国籍の林振華被告に対し、名古屋高裁は14日、一審と同じ死刑判決を言い渡しました。

名古屋高裁の石山容示裁判長は、「一審は偏りのない慎重な判断であり、量刑が重すぎて不当とは言えない」と、被告側の訴えを退けました。

「とりあえず一安心という形ですね
(判決が)変わらなくてよかった」
(事件で母と兄を亡くした 山田 勲さん)

弁護側は判決を不服とし、最高裁に上告しました。

『テレビ愛知』

 

 

この中国人、来日してから窃盗をし続けていたようですが、思い立ったら犯罪するの止めてくれませんかねえ。