Pocket

堀文左衛門

明治44年(1911)2月26日午前8時30分ごろ、長野市の善光寺に「ケサコウリ一コテツヨリオクルウケトリタノムコウノヒロキチ」という内容の電報が届く。

同日午前10時ごろ、大きな行李が長野駅から配達される。

同寺事務所は、団体参詣者の中に荷物の持ち主がいないか調べたところ、該当する者はなかったため、その日の団体客に次々と連絡をして調べてみたが、該当する者はいなかった。

荷物が到着してから丸二日半経って初めて不審に思った事務所は、同寺本願執事立会いの下行李を開けてみると、なかから丸坊主の顔に真っ黒な漆が塗られた死体が出てきた。

検視の結果、死体は55歳くらいの女性で、身長は五尺の肥満型だった。顔に漆が塗られていたせいで人相はわからなかったが、死体のそばには「法誉妙順禅定尼」と戒名が書かれた紙と、「東京市浅草黒船町中野とり同行二人」と書いた巡礼札が、五円の入った埋葬料と回向料と一緒に入っていた。

長野署が調べた結果では、他殺とする根拠は低いとして死体を長野市役所に引き渡したが、この長野署の判断はミスだった。

長野署の依頼を受けた警察庁が中野とりという女性を調べてみると、巡礼札と同じ住所に同姓同名の女性がいた。本人は生存していたため、別人であることが判明した。

そこで、19日夜、疑問に思った警察庁刑事課星加警部が二人の刑事とともに長野署に赴いて死体の解剖を申し入れるが、拒絶され警察庁と長野署の対立を生むことになる。

警察庁では、コウヒロキチの発見に全力を注いだが、20日間が過ぎても事件は進展せず、迷宮入りかと思われた矢先、3月5日になって浅草区寿町の村上鎌吉という車夫が2月15日に東本願寺の玄関番、堀文左衛門という男に依頼され、重い行李を上野駅まで運んだと述べた。

これを聞いた捜査陣は、直ちに堀文左衛門のいる東本願寺へ向かったが、堀文左衛門は玄関番を辞した後で行方は分からなかった。

堀文左衛門には、こうという50歳の妻がいたが、2月15日ごろから行方が分からなくなっていた。また、文左衛門にははるという情婦がおり、その情報を得た捜査陣ははるの生家や立ち寄りそうな場所に警察官を張りつけた。

すると、はると文左衛門が現れ、文左衛門は逮捕された。

取り調べられた文左衛門は、すべてを自供する。

 

文左衛門の自供によると、数年前からはると恋仲になり、これを知った妻のこうとは喧嘩が絶えず、「お前さんなどと一緒に暮らしているより、死んだほうがましだ。私が死んだら、死体は善光寺様へ収めてください。」というのがこうの口癖だった。

2月14日、この日も夫婦は喧嘩をし、こうがいつものように早く殺せと口を開いた。

これを聞いた文左衛門は、それならいっそ望み通りにしてやろうと、手ぬぐいでこうの首を絞めて殺してしまったのだった。

 

文左衛門には、殺人罪で無期懲役の判決が下った。