Pocket

富士銀行行員顧客殺人事件

富士銀行行員顧客殺人事件は、平成10年7月4日に埼玉県宮代朝でマッサージ業を営む福田次郎さん(74)とその妻・福田ツネさん(67)が絞殺死体となって発見された事件。

事件から4日後、富士銀行春日部支店に勤務する岡藤輝光(31)が逮捕された。

犯行

逮捕された岡藤の供述によると、犯行日時は事件が発覚した2日前の7月2日の午前11時30分だったという。

殺害された福田さん夫妻は、夫の次郎さんが目が不自由で、妻のツネさんも身体に障害を抱えていた。

岡藤は、まず、ツネさんの首を1階のリビングで背後から締め上げ、次に隣の居間にいた次郎さんの首を締めあげて殺した。

動機

岡藤が福田さん老夫婦を殺害するきっかけとなったのは、平成9年に春日部市内にある運送業者から泣きつかれた融資の件だった。運送業者は融資の基準を満たしていなかったが、岡藤は客の預金を正式な手続きを経ずに他の顧客に貸し出した。平成10年1月、福田夫妻の定期預金を解約させ、運送業者に貸し出している。しかし、返済のめどが立たず、このままだと福田夫妻に対する資金の返済が滞ることになってしまう。返済を迫られた岡藤は、7月2日に持参すると書いた名刺を渡すが、返済のあてはなかった。さらに返済を約束した7月2日の前日に異動の内示を受けており、いよいよ進退が窮まってしまった。追い詰められた岡藤は、名刺を回収するために夫婦を殺害し、名刺を持って逃走した。

生い立ち

岡藤は、福岡で3人兄弟の長男として生まれた。

父親は中卒ながらトラックの運転手をして岡藤を大学まで通わた。

岡藤は、公判で大学を出てスポーツもできる自分は、両親の誇りだったから裏切りたくなかった、と言っている。

進学校の県立筑紫高校でラブビー部に在籍して2年の時には県大会で優勝している。大学は、ラグビー枠で福岡大学に進学し、3年からレギューラーになった。同級生によると不器用ながらも仲間思いの人情家で評判は良かったという。

判決

平成11年9月29日、無期懲役の判決。

平成12年12月20日、東京高裁も無期懲役を支持した。

平成13年1月5日、上告しなかったため、無期懲役刑が確定した。