Pocket

女性連続毒殺魔事件

 

1960年に杉村サダメが借金目的で毒物を使い、3人を殺害し、1人を植物状態にさせた事件。

事件概要

昭和35年11月6日、杉村サダメは、金銭目的のために死亡した夫の母クラに農薬ポリドール入りの乳酸飲料を飲ませて殺害。しかし、クラさんは金を持っていなかった。クラさんを診察した医者は、死因を卒中として処理したため、事件が発覚することはなかった。

12月14日、次にサダメがターゲットとしたのは、隣に住む主婦の嘉悦タケさんだった。馬肉に農薬を混入して食べさせて毒殺したが、このときも財布ば奪えなかった。また、このときも医者の診察は脳卒中だった。

次の犯行は12月18日、顔なじみの行商人山村富士子さんに農薬入りの鯛味噌を食べさせる。しかし、食べた量が少なかったため、死に至らなかった。この犯行で1万3,500円を奪い、初めて金銭を手に入れることができた。しかし、この殺人未遂によって事件が露見することになる。ただし、逮捕までにもう一人殺害している。

12月28日には、行商人の奥村キヨノさんに農薬入り納豆を食べさせて殺害した。

短期間で3人の殺害と1人の殺人未遂を犯しておきながら、犯行後も普段と変わらぬ様子で生活していたという。

発覚

4人目の被害者奥村キヨノさんを殺害した翌日の12月29日に熊本市川尻署に任意同行を求められる。最初は何も知らないの一点張りで容疑を否認していたという。しかし、サダメの自宅を家宅捜査すると、納豆の入った壺、鯛味噌が残った小皿が物的証拠として押収される。また、奥村キヨノさんの死体から毒物が検出されると、さすがのサダメも容疑を認める。翌30日に嘉悦タケさんの死体解剖の結果、医師の判断が誤りであると判明し、サダメもいっさいを自供した。

動機

杉村サダメは、逮捕後に「借金の返済が迫られていたから」と犯行の動機を自供している。

借金の金額は、全部で16万5,800円あったが、差し迫ったほどのものではなかったという。

生い立ち

杉村サダメは、明治44年(1911)の12月29日に生まれた。昭和5年(1930)にとび職の男性と結婚し、翌年に長女を出産。しかし、夫は酒癖と女癖が悪く、子連れの女が転がり込み、一緒に生活している。昭和25年に婿養子をむかえ、28年に夫は死亡。

死刑判決

昭和38年3月28日に死刑が確定した。

昭和45年9月19日に福岡拘置所において死刑執行。享年59

死刑執行の言い渡しを受けてもいっさいの動揺を見せず、見事な最後だったという。