Pocket

毒婦と呼ばれた「高橋お伝」

高橋お伝

事件概要

明治9年(1876)8月28日、東京都浅草蔵前片町の旅籠「丸竹」、男性客が起きてこないので、女中が主人とともに部屋に入ると、布団の中で男性は血まみれで死んでいた。駆けつけた警察の捜査によって、前日の夜に部屋から出ていった女が帰ってこないが犯人と断定された。

事件があった頃、檜物町の古着屋の後藤吉蔵が26日に大金を持ったまま帰らないため、家人が探していた。旅籠丸竹で事件があったことを知り、家人が駆けつけて所持品を見せてもらうと、死んでいる男性が吉蔵であることが判明した。

9月9日、高橋お伝(29)を強盗殺人の容疑で逮捕した。

逮捕後は、あっさりと強盗殺人を認めたが、裁判では一転して否認した。しかし、お伝の願いは虚しく二年後に東京地裁は斬首刑を言い渡し、そのまま処刑された。

お伝は、日本で最後に斬首刑に処された女囚といわれる。

生い立ち

1850年、上野国(群馬)の前橋に生まれる。19歳で同郷の波之助を婿にしたが、波之助がハンセン病にかかり、村人から業病と騒がれたため、明治2年に故郷を逃げるようにして上京。異母姉のかねを頼って横浜に移るが、生活は苦しくなるばかりだった。お伝は、夫の医療費のために体を売って金銭を稼ぐが、しばらくして波之助は亡くなった。

殺害まで

波之助が死亡した後、姉のかねもそのうち亡くなる。このことについて、かねの夫で古物商の後藤吉蔵がお伝を手に入れるために、波之助とかねを毒殺したと噂された。

その後、お伝も病にかかり、神田仲町に移って養生していた。そこで小川市太郎という男と知り合い内縁関係になったが、市太郎は定職がなく酒と博打に溺れるどうしょうもない男だった。お伝はそれでも尽くしたが、借金は増える一方で、返済もままならない状況だった。

困り果てたお伝は、後藤吉蔵に二百円の借金を頼み込んだが断られた。それでも引き下がって頼み続けたが、返事は同じだった。

事件の前日の8月26日、吉蔵がお伝のもとへやってきて、「どこかで一泊しないか」と持ちかけた。色よい返事がもらえると思ったお伝は、吉蔵と共に浅草蔵前片町の旅籠へ行く。

吉蔵が酒を飲んでお伝の体を弄んだ後、お伝が借金の話をすると、そんな金はないと吐き捨て眠ってしまった。翌27日、お伝は再度、吉蔵に借金を頼み込んだが、吉蔵はお伝の体を求めるばかりで借金のことは取り合わない。

怒ったお伝は、剃刀を取り出し、眠っている吉蔵の喉を思い切り切りつけていた。喉を剃刀で切られた吉蔵は声も発てずに絶命した。

その後、お伝は死体に布団をかぶせ、所持金11円を奪い、姉の仇を討ったという旨の書置きを残して逃走した。

最後の斬首となった女囚

逮捕されたお伝は、強盗殺人をいったんは認めたが、裁判になると一転して否認した。しかし、お伝の願い虚しく斬首刑を言い渡された。

処刑はその日のうちに行われ、お伝は首を討たれるときに小川市太郎の名を呼んで暴れまわった。首斬り山田浅右衛門によって三度目にねじ斬られるようにして斬られたという。

植えつけられた毒婦のイメージ

お伝の数奇な運命に目をつけた新聞が講談調で書いたおかげで世論の関心を集めることになる。当時、忠孝、貞節を教育としていた明治政府は、お伝を毒婦とすることで貞節の尊さを教えようとした。さらに政府の要請を受けて、「高橋阿伝夜叉譚」を戯作者の仮名垣魯文が書き上げたことで、益々お伝は毒婦に仕立て上げられてしまった。

後々まで毒婦として有名になるお伝だが、実際に殺人したのは一人で、それもお伝の体を度々弄んだ男だった。体を売ったのも夫の医療費のためで、毒婦とは程遠かった。夫が病気でなければ貞淑の妻として平凡な人生を終えたのだろう。