Pocket

幼女殺人事件(佐藤真志)

1959年3月、22歳の佐藤真志は、山口市郊外で花を摘んでいた7歳の少女を強姦するため山林に連れ込もうとしたが、少女に騒がれたことで少女を絞殺した。

1959年12月、強姦致傷及び殺人の罪で佐藤は、無期懲役の判決を受けた。

15年後の1974年、仮出獄した佐藤は上京。

 

事件が起きたのは、1979年の7月28日の東京都北区の佐藤が住むアパートだった。

佐藤は、自分が住んでいたアパート近くで遊んでいた5歳の少女を路上でいたずらした後、パチンコ屋に行くと、以前からの顔見知りの3歳の少女が母親と一緒に来ていた。

佐藤はしばらくパチンコをした後に店を出ると、少女が後ろからついてきたため、佐藤は少女を自分のアパートに誘い、アパートに連れ帰った。

少女を自宅に連れ帰った佐藤は、少女の服を脱がしわいせつ行為をしようとしたが、少女が抵抗し泣き出したため絞殺した。

 

事件から1か月後に逮捕された佐藤は、1992年2月の最高裁で死刑判決を受け、1999年に死刑が執行された。