Pocket

少年ライフル魔事件

1965年7月29日に神奈川県座間の山林でライフル銃を持っていた少年・片桐操を警官が呼びとめたことから始まった銃乱射事件。

18歳による未成年がライフルを乱射して市街地で銃撃戦が繰り広げられた。

事件概要

昭和40年7月29日、神奈川県座間の山林にライフルを持っている少年(片桐操)がいるとの通報があったため、現場に駆け付けた警察官が呼びかけると、片桐は振り返りざまライフルを発砲して警察官から拳銃を奪う。そして、倒れている警察官から制服を奪って着替え、その後に駆けつけた警察官にも発砲、逃走した。

警察官になりすました片桐は、車の免許がなかったため、近隣住人に「近くで銃撃があったが犯人逃げられた」と嘘をつき車を出させる。住宅街を抜けた片桐は、途中で捕まりそうになる場面もあったが、クルマを乗り換えながら町田市方面へと向かう。町田市方面に向かう途中で、ラジオ情報から逃走中の車が手配されていることを知った片桐は、川崎方面へと進路を変更する。川崎でもクルマを乗り換えた片桐は、その後、東京を超えて小金井公園まで到達。小金井公園でクルマを乗り換え、さらに現場にいた男女を人質にした。運転手と男女の三人を人質にした片桐は、渋谷に向かうように言う。渋谷区に入ると人質の女性が「気分が悪い」と訴えたため、開放。その後、渋谷周辺をウロウロしながら渋谷の「ロイヤル鉄砲火薬店」に到着する。

午後5時に人質を残して店内に入り、店員3名と店員の妹を人質に取った。数分後、パトカー150台、警察官600人、ヘリ2台が到着して、「ロイヤル鉄砲火薬店」の周囲150mは完全に包囲される。むやみに動かず、隙を見て犯人に近づく作戦を取った警察だったが、射撃経験のある片桐に近づく警官は次々に狙い撃ちされていく。籠城から50分が経過後、機動隊が催涙弾を投入。隙を見た店員が片桐に持たされていたライフル銃で殴りかかる。怒った片桐は数発、銃を発射するが、弾が切れたところを警察に確保された。

発射された弾数150、負傷者18人、死者1名による犠牲を出して銃撃戦は幕を閉じた。

生い立ち

片桐操は、4人兄弟の末っ子として生まれ、小学校5年生のときに母を亡くす。中学校の成績は悪く、1や2ばかりだった。成績は悪かったが、性格は大人しくて素直で、義母にも可愛がってもらった。中学を卒業後、船員見習いとして働きながらライフル銃を買うためのお金を貯めた。18歳の誕生日に姉からライフル銃をプレゼントされ、自分で貯めたお金で猟銃も購入した。ライフルを手にした片桐は、八王子の射撃場で練習をして腕前をあげた。犯行はそれから2か月した後のことだった。

判決

未成年による犯行が考慮されたのか、第一審では無期懲役の判決が下る。

これに対して検察は控訴し、東京高裁も更生の余地なしとして死刑判決を下す。

最高裁では、二審を支持したため、上告は棄却。死刑が確定した。

昭和47年7月21日、死刑執行。享年25

最後の言葉は、「みなさん、ありがとうございました。お先に行きます。」