Pocket

映画「凶悪」はあの事件がモデル

 

【解説&ストーリー】

人間はどこまで凶悪になれるのか。

誰もが凶悪となりうるのか。

そして、人間が持つ正義とは、3つの殺人事件、先生と呼ばれた男、死の錬金術師。そして明かされる、驚愕の真相。

すべては、ある死刑囚の告白から始まった。

死刑囚の告発をもとに、ジャーナリストが闇に埋もれた殺人事件を暴き、犯人逮捕へと導いた顛末を綴った新潮45編集部編『凶悪ーある死刑囚の告発ー』(新潮文庫刊)。

この驚愕のベストセラー・ノンフィクションを、表現豊かな演技に海外からも熱い視線が注がれている山田孝之、アーティストとして人気を博す一方、映画界からも引くてあまたの逸材、ピエール瀧、そして、マルチな才能で知られ、俳優としても高い評価を受けているリリー・フランキーと個性溢れるキャストを迎えて映画化。

監督は故・若松孝二に師事した気鋭の白石和彌が務め、殺人事件の真相と共に、現代社会が抱える闇に深く切り込む。

日本映画史上類を見ない強烈な個性のぶつかり合いが、白か黒かでは括れない人間の本質に迫る。

 

それは、ある死刑囚の告白から始まった―。≪山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー≫史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作!!史上最悪の凶悪事件。その真相とは?若松孝二の秘蔵っ子・白石和彌、本格長編映画デビュー作!R15

 

スタッフ

監督:白石和彌
製作総指揮:鳥羽乾二郎、十二村幹男
エグゼクティブプロデューサー:由里敬三、藤岡修
プロデューサー:赤城聡、千葉善紀、永田芳弘、齋藤寛朗
アソシエイトプロデューサー:小室直子、小松重之
ラインプロデューサー:大日方教史
脚本:高橋泉、白石和彌
撮影:今井孝博
照明:水野研一
録音:浦田和治
美術:今村力
編集:加藤ひとみ
音楽:安川午朗

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凶悪 [ 山田孝之 ]
価格:1328円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)

 

観た感想

事件自体が小説に出てきてもおかしくないような事件なので、実際の事件をモデルにした映画の中ではかなりおススメできると思います。

私はレンタル含めると3回観ました。

ただ、この映画はハッピーエンドの映画ではなく、最後まで胸糞悪い話が続くので、恐ろしい話が苦手な人にはきついかも・・・・・・。

ベストセラーになった小説『凶悪 ある死刑囚の告発』もオススメ。

 

簡単に内容に触れると、ある死刑囚が警察も知らない、公になってないある3つの殺人事件について記者相手に語りだします。

この3つの殺人事件の首謀者は捕まることなく社会でのうのうと生きてることに我慢がならないため、死刑囚が事件について記者に語り、事件を記事にしてくれと告発します。

しかもこの3つの事件それぞれが小説になりそうな悪質なもので、記者が事件について調べ、死刑囚の話していることと調べが悉く一致していきます。

 

死刑囚の告発がなければ、今も普通に社会で生活していると思うと怖い話です。