Pocket

大阪二児置き去り死事件

2010年の夏、大阪市のマンションで3歳と1歳9か月の幼児2人が母親によって放置された結果、幼児2人は餓死した。

生い立ち

逮捕された母親は、三重県の四日市で生まれ育った。父親は不良のたまり場と呼ばれた高校のラグビー部を全国大会の常連に育てたことで有名な監督だった。

下村早苗が6歳の時に母親が浮気して家を出たことは後々まで影響を受けることになる。下村は公判で中学校になってから、非行に走り、強姦にあったという。高校に進学してからも家出を繰り返した。

就職・妊娠・結婚・離婚

卒業した後、地元の割烹店に就職する。そこでアルバイトをしていた大学生と付き合うようになる。間もなく妊娠し、結婚。

母親は、「早くママになりたかった。」といい、自分が満たされない子供時代だったため、その穴埋めのためにも良いママになりたかったという。

当初は、義理の両親ともいい関係で、一人目の子・長女を出産後、1年ほどして二人目の子の長男を出産する。

長男が生まれてほどなくしてトラブルでママサークルを抜けることになる。この頃から以前の友人と付き合うようになり、外出するようになる。その後、携帯に登録されていたアドレスから浮気が発覚する。浮気相手は学校の同級生だった。

浮気発覚後、家族会議で離婚が決まる。離婚は母親から切り出したという。子供二人は母親が引き取ることになった。その際、「自分のことは我慢してでも子供に不自由な思いはさせない」といった内容の契約書を書かされる。夫からは養育費を支払われなかった。

事件まで

離婚後、子供二人を一人で育てなければならなくなった母親は、キャバクラで働くことにした。給料は計画性がなく自分のために使い、子供の食事はコンビニの弁当を与えた。二か月ほどして子供が通路で泣いていると通報があり、警察に保護されている。

しばらくして母親はキャバクラを辞め、市役所に子供の面倒が見られないと相談したが、期待した結果は得られなかった。

その後、母親は大阪に住まいを移し、風俗店で働くことになる。

2010年5月、母親には新しい男性と関係ができていた。そして、子供の泣き声が聞こえると、児童相談センターに通報が入る。職員はマンションを訪ねたが応答がないため、不在箋を置いていった。これが後に何故立ち入り検査をしなかったかと批判されることになる。

2010年6月9日に最後の食事を与えて家を出た。近隣住人は、「毎日聞こえていた泣き声も、最後に聞いたのは6月25日だった。」と警察に証言している。

7月29日、勤め先の上司から電話があり、寮の管理人が部屋から臭いがすると言ってきたので部屋を見せて欲しいとのことだった。部屋に帰ってみると二人は腐敗し、一部白骨化していた。

7月30日に警察に迎えに来てもらう。

判決

大阪地裁は、「幼児は空腹にさいなまれながら命を絶たれた。むごいの一言に尽きる」と、有期刑における最高刑の懲役30年の判決が言い渡された。マンションから立ち去れば餓死させる危険性が高いとして未必の故意を認めた。

 

出典

「ルポ 虐待 大阪二児置き去り死事件」 杉山春