Pocket

誰でもが情報を発信する時代

独自ドメイン、Wordpress、レンタルサーバー、を利用することで、個人が情報を発信することが簡単になりました。

そして、少ない資本金の企業でも自社のサイトを持って情報を発信したり、商品を紹介することも容易です。

全くの初心者には、Wordpressは難しいようですが、初心者でもネットを参考にすれば確実にサイトを自分で作れると思います。

少し前だと自社のサイトを作るのに業者に依頼するのが一般的で、何十万円もかかりました。

私も最初は、業者に依頼してホームページを開設しましたが、更新の度に費用がかかるので、自分でネットで調べながら自社のサイトを作ったのを覚えています。

会社がホームページを持つ意味

会社がホームページを持つ意味には、2つあると思います。

1つは、集客目的というよりも名刺代わりのサイトです。今は、ホームページすらない会社だとお客さんから選ばれず、チャンスが逃げていきます。

 

2つ目は、集客目的です。

ホームページで集客できれば費用を大幅に節約できます。ホームページで集客できない場合は、広告に費用をかけたり、会社の立地のために多額の賃料をかける必要があります。

特に最初は、自宅で開業することが多い税理士(行政書士、社会保険労務士とかも)は、ホームページで集客できるとかなり仕事がしやすいです。

 

ネットで商品を売却する場合は、リスティング広告等は必須かもしれませんが、合わせてSEO対策も必要だと思います。

ドメイン年数

サイトのドメイン年数は、重要のようです。

職業+都市で検索した場合、広告以外で上位表示されるのは、ドメイン登録してから数年経過していることが多いです。

ドメイン年数は任意に変更はできませんので、他者に勝つには別のところで勝負する必要があります。

ブログ+コンテンツで勝負する

どのホームページ会社でもSEO対策として勧められるのがブログです。

コラムとかお役立ち情報なんかもボリューム数が増えるので勧められることがあります。

ただし、テーマはしぼった方がいいと思います。例えば、不動産会社であれば不動産に関することを記事にすることです。

ときどき、書いた人がラーメンを食べたとか、旅行に行ったといった業務と関係ないことを書いてる人がいますが、こういうのはあまり会社のサイトにはいらないと思います。

 

私も以前は、とにかく記事を増やすことだけに目がいってしまい、全く効果が出ませんでした。

それどころかマイナスに働いたように記憶してます。

 

人の悩みを解決できるような記事を意識して書いてみてはいかがでしょうか。