Pocket

ブログだけでなく、会社のサイトも作る機会がありますが、出来たばかりのサイトはアクセスは望めません。

それでも私は書き続けることにしました。

最初にアクセスはないのは当たり前

以前は、Wordpressを使って他のサイトでブログを書いていましたが、毎日書き続けて3か月経っても大したアクセスはありませんでした。

正直言ってもっとアクセスを期待していたのでかなりへこんで2,3か月ほど更新しませんでしたが、少し休んでから再度、書くことにしたら500記事を超えたあたりからアクセスが増えました。

ネットで他の人のブログを読んでると半年程度で、私の後から始めたのにアクセスがあるような記事もあります。こういった記事を読むと自分がどれだけダメなのかと思いますが、それでも書き続けるとどこかでアクセスが少しずつ増えてきます。

下手にアクセスを期待して書いているからアクセスがないと途中で止めてしまうのではないでしょうか。

 

どれだけの記事を書くか

100記事にも満たないで何万もアクセスを集められるのは少数です。私のような凡人は少なくても1,000を目指すことを心がけるべきです。

ある業界でアクセス数を調べたら上位になるほどインデックス数が多い傾向にありますが、それと一緒です。

「業界+大都市」で検索するといっても、業界の規模によるでしょう。しかし、業界が変わっても上位ほどインデックス数は多い傾向にあります。

私がいた業界では、1位は2,000以上、10位でも800記事近くありました。違う業界で調べたら1位が100で、10位が700のインデックス数でしたが、ドメイン年数が原因と思われるのでこればかりはどうしようもないと思います。

 

後は何を書くか

書き続けるという覚悟を決めた後は、何を書くかの問題ですが、これについてはそれほど気にせずにどんどん書けばいいと思います。

元々、私もよく意味が分からずに独立したことがきっかけとなってホームページを作成し、ブログを勧められましたが、あれ以来、テーマを変えたりして結局、サイトをいくつか運営しています。

私の知り合いに完璧主義の人がいますが、高額セミナーに参加してアフィリエイトやブログのことについて学んだようですが、完ぺき主義のおかげで1つの記事を作ってから、その後更新がありません。

私も昔作ったサイトの記事を読み返して酷い出来だと何度も書き換えたり、削除しております。

ブログであれば、後日、出来が気に入らなければ書き換えや削除ができるので、あまり考えずに最初は書くことを心がけるのがいいと思います。